2020年 10月 27日 (火)

枝野さん、都知事選はもう...? 小池都政の評価は「東京都連に聞いて」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   野党が「不戦敗」になるかが注目されている東京都知事選(2020年6月18日告示、7月5日投開票)をめぐり、立憲民主党の枝野幸男代表は20年5月29日の記者会見で小池都政の評価について「東京都連に聞いてください」と話し、直接のコメントを避けた。

   その都連からは「まだ、ご相談は上がってきていない」といい、対応の遅れは明らかだ。さらに不戦敗が現実味を帯びてきた。

  • 記者会見する立憲民主党の枝野幸男代表。マスクを外し、透明な板の前で会見に臨んだ(写真は党配信の動画から)
    記者会見する立憲民主党の枝野幸男代表。マスクを外し、透明な板の前で会見に臨んだ(写真は党配信の動画から)
  • 記者会見する立憲民主党の枝野幸男代表。マスクを外し、透明な板の前で会見に臨んだ(写真は党配信の動画から)

福山幹事長は小池都政に否定的評価

   福山哲郎幹事長は5月26日の定例会見で、小池氏への評価について

「今のところ、私は候補者は立てるべきであると思っている。単独で、かどうかは別。そういう『立てるべきだと思っている』ということが、私の今の、その(小池都政の評価を問う)質問に対する答えだ」

などとして、否定的な見方を示していた。一方で、枝野氏は

「私はその評価をすることのできる立場の方は東京都民だと思っているので、東京都連に聞いてください」

とのみ答えた。さらに、候補者擁立の考え方については、

「従来から申し上げている考え方で変わりはない。都連から、まだご相談は上がってきていない」 とするにとどめた。枝野氏は5月25日、緊急事態宣言の解除にともなう都知事選への対応について 「都連と相談したい」

と話しており、この4日間で実質的な進展がなかったことを明かしたとも言える。

   16年の都知事選では、当時の野党統一候補だった鳥越俊太郎氏(80)に譲る形で元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)が立候補を断念。宇都宮氏は今回も出馬表明しており、「今回はどういう候補が出ても降りない」と明言している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中