2020年 8月 9日 (日)

80人以上が休みを...ニトリ赤羽店の「異例事態」 従業員から感染者で不安強まり

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   東京都北区内のインテリア大手「ニトリ」の赤羽店で店員1人が新型コロナウイルスに感染し、その後、仕事を休む店員が相次いでおり、80人以上に達したとの情報もある。

   会社側が休んでもいいと伝えたことがきっかけだが、自宅待機を求められていない店員も多数休んでいる異例の事態だ。店員らには、それだけ感染への不安が強いようだ。

  • 従業員に感染への不安が(写真はニトリ公式企業サイトから)
    従業員に感染への不安が(写真はニトリ公式企業サイトから)
  • 従業員に感染への不安が(写真はニトリ公式企業サイトから)

店員170人の約半数が...スタッフ派遣でしのぐ

   ニトリは、緊急事態宣言中も、一部を除いて短縮営業を続けた。「住まいの必需品」だというのが理由だが、自粛中とも見られない客の来店も相次いで、店員らから全店休業を望む声もあった。

   宣言は、2020年5月25日に全面解除されたが、27日になって、ニトリは、赤羽店から店員1人の感染者が出たことを公式サイトで発表した。PCR検査で陽性が出たのは23日だといい、それから4日経っていた。

   北区保健所とともに調査し、濃厚接触者は客にいなかったものの、店員6人を特定して自宅待機になった。5人を検査し、いずれも陰性だった。

   感染者が出たことについて、複数の関係者からJ-CASTニュースの情報提供フォームに投稿があった。関係者に取材もしたところ、店員の陽性判明後に店の幹部から他の店員に説明があり、休んでもいいと言っていたそうだ。

   その後、仕事を休む店員が徐々に増え出した。赤羽店の店員約170人のうち、31日時点で80人以上が休んだといい、本部からのスタッフ派遣でしのいでいるという。陽性判明後も店を休業にせず、サイト上の発表も遅れたとして、そのことについて会社への不信感を漏らす店員らもいたという。自主的に休む場合は、休業補償の対象とはならず、収入がゼロになって悩んでいる店員もいるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中