2020年 7月 9日 (木)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
「暴徒化する抗議デモ」報道への違和感

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
「お姉ちゃんが死んじゃったじゃないの! あんたたちプロテスター(デモ参加者)のせいよ! あんたたちの誰かが、私のお姉ちゃんを射殺したのよ! 警官への腹いせだからって、ほかの人たちを傷つけていいのか!」
"My sister is gone! Because one of you! A protester shot my sister!....You're so mad at the police! You're hurting everyone else!"

   自分の部屋で撮影されたものだろうか。ブラインドを下ろした窓を背景に、カメラの前で若い女性が泣き叫んでいる。この女性の姉は、白人警官に黒人男性が殺された事件の抗議デモに、アイオワ州の町で参加していた。

   米中西部ミネソタ州ミネアポリスで2020年5月25日、黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官にひざで首を押さえつけられ死亡した事件を受けて、全米で抗議デモが行われるなか、デモに便乗し、あちこちで銃撃、略奪、放火、破壊行為などが起きた。

(編集部注 前回の連載=2020年5月30日公開=で次回は「オバマゲート」の続編とお知らせしましたが、急きょ予定を変更し、この問題を取り上げます)

  • 黒人死亡の抗議デモで、デモに共感を示してひざまずく警察官(2020年6月2日、ノースカロライナ州ローリーで James Willamorさん撮影、Wikimedia Commonsよ
り)
    黒人死亡の抗議デモで、デモに共感を示してひざまずく警察官(2020年6月2日、ノースカロライナ州ローリーで James Willamorさん撮影、Wikimedia Commonsよ り)
  • 黒人死亡の抗議デモで、デモに共感を示してひざまずく警察官(2020年6月2日、ノースカロライナ州ローリーで James Willamorさん撮影、Wikimedia Commonsよ
り)

「燃えるものを探せ」ネットに出回る若者の動画

   自分の店を暴動で破壊された黒人女性が、こう叫んでいる動画がある。

「Black Lives Matter(黒人の命も大切)なんだろ! 私の首を締めな。黒人だよ! このうそつきが! カネがほしかったんだろ。仕事を見つけな、私みたいに! 盗みをやめろ!」

   こうした暴力的な行為に対して、ニューヨークでデモに参加したイヴォン(30代)は、怒りをぶつける。

「殺されたジョージに対する冒涜。私たちの平和なデモを乗っ取った。彼らの目的は、追悼でも人種差別に対して声を上げることでもない。ただの腹いせよ。汗を流して働き、平和を望むアメリカ人を、攻撃する行為は許せない」

   昼間の「抗議デモ」でも、警官とデモ隊の小競り合いは起きている。ニューヨークの現場で対応していた警官によれば、「ペットボトルを投げつけたり、飛びかかってきたりして警官をあおり、やむなくアクションを起こさざるを得ないこともある」という。

   逆に、一方的に警官から突き倒されるなど、暴力を振るわれるケースもある。

   とはいえ、日中はおおむね平和に抗議デモが行われてきた。しかし、夜になるとどこからともなく集まってきた若者たちが、店のフロントガラスを割って略奪し、パトカーや商店に火をつけた。

   複数の都市で路上にレンガが山と積まれ、それを使って建物を破壊したり、人に投げつけたりしたとの報告もある。ネットで出回っている動画には、「燃えるものを探せ」と指示する若者の姿が映し出されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中