2020年 11月 25日 (水)

三浦半島で異臭騒ぎ 地震予兆説、タンカー説...推測相次ぐも「原因わからなかった」

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   神奈川県内の三浦半島の東京湾沿岸部で異臭がするとの通報が相次いだ騒ぎについて、ツイッター上などでは様々な原因の推測がされている。

   地震の予兆では、タンカーのガス抜きかも、白潮のプランクトンも考えられる、などだ。原因について、横須賀市消防局などに話を聞いた。

  • 異臭の原因は何だったのか(写真はイメージ)
    異臭の原因は何だったのか(写真はイメージ)
  • 異臭の原因は何だったのか(写真はイメージ)

海面がエメラルドグリーンになる「白潮」からの説も

「ゴムが焼けたような臭いがする」「ガス漏れのよう」「接着剤やシンナー?」「ニンニクみたい」...

   2020年6月4日20時過ぎごろから、消防や警察にこんな119番や110番が殺到し、ツイッター上などでも同様な書き込みが相次いだ。

   横須賀市消防局の指令課にJ-CASTニュースが5日に聞いたところでは、最初は、三浦半島の南端に近い三浦市内の沿岸から通報があり、次第にその場所も北上して横須賀市の北部まで達した。22時近くまでの2時間ほどで、約200件も通報があったそうだ。

   その原因については調査中だとしか報じられなかったため、ツイッターやネット掲示板などでは、様々な推測が書き込まれている。

   「大地震の前兆じゃないよね?」「海底または地中からのガスだとしたら、いやな予感」「海底噴火してんのかな」「ケミカルタンカーが怪しい」「船か飛行機から何か燃料系がもれたとか?」などだ。

   東京・秋葉原で同じ4日、フッ化水素酸が原因とみられる異臭騒ぎがあったため、その関連を疑う向きもあった。このほか、「多分くじらの死骸とかだろうな」といった生物由来を考える意見もあり、5月に相模湾などで海面がエメラルドグリーンになる「白潮」が発生したため、海中のプランクトンから出たガスではとの見方もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中