2020年 7月 10日 (金)

児童型ラブドール、続く論争 日本でも廃止署名に2000人...一方で慎重論も

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   世界各国で児童型ラブドールを規制する動きが進む中、日本のインターネットでも賛否の声が上がっている。

   海外では販売や配布の禁止を要求する署名に17万人以上が賛同し、日本でも署名活動を進める動きが見られ始めた。

  • 「Change.org」より「Ban Child Sex Dolls」
    「Change.org」より「Ban Child Sex Dolls」
  • 「Change.org」より「Ban Child Sex Dolls」

米国や韓国では多くの署名が

   オンライン署名収集サイト「Change.org」では、「Ban Child Sex Dolls」という児童や幼児を模したラブドールの販売や配布の禁止を要求するキャンペーンが行われている。 このキャンペーンでは約3年前から署名を集めており、2017年に米共和党のダン・ドノバン下院議員が人工知能を搭載した「チャイルドセックスロボット」を禁止にする法案を提出した際に話題となった。韓国でも2019年にラブドールの輸入禁止を求める請願が20万人を超えるなど、規制を求める署名活動が広がっている。

   日本では、アダルトショップで「夢が叶う」、「合法レイプ」というポップがつけて児童型ラブドールが販売されていたとする画像が5月ごろから話題となり、これを受けてChange.orgで法務省宛に幼児型セックスドールの生産・販売の廃止を求める署名が開始され、現在約2000人が賛同している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中