2020年 11月 27日 (金)

渡部の「多目的トイレ不倫」が物議 設備メーカーも「悲しく、情けない限りです」

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部健さんが、東京・六本木ヒルズの多目的トイレ内で不倫相手の女性と会っていたとの報道をめぐり、ツイッター上では多目的トイレを不適切に使用したとして、渡部さんへの批判が相次いでいる。

   トイレ内の多目的シート(子どもから大人まで、おむつ替えなどに利用できるシート)を製造する大阪市の企業も、ツイッターを通じ「多目的シートを作っている会社としては悲しく、情けない限りです」と発信し、多目的トイレの適切な利用を訴えた。

  • メーカーが「多目的トイレ正しく使って」と訴え(画像はイメージ)
    メーカーが「多目的トイレ正しく使って」と訴え(画像はイメージ)
  • メーカーが「多目的トイレ正しく使って」と訴え(画像はイメージ)

「笑い事じゃない」「使いづらくなったらどうしてくれる」

   渡部さんは10日の「文春オンライン」と11日発売の「週刊文春」で、複数の女性と不倫関係にあったことが報じられた。そのうち女性一人とは、六本木ヒルズの地下にある多目的トイレ内で会っていたことが明かされ、六本木ヒルズを管理する森ビル担当者の困惑の声も伝えられている。

   多目的トイレは本来、身体に障害を持った人や、おむつ替えの必要がある乳幼児連れなどが使いやすいように設けられている。ツイッター上では渡部さんが多目的トイレを「不適切」に使用したとして、

「笑い事じゃないよ。母の車椅子押してた頃車いす多機能トイレ空かなくて泣く泣く一般トイレに移動した事何度もある」
「これを機に使いづらくなったらどうしてくれるねん。車いすユーザーからしたら本当に大迷惑」

   など批判の声が相次いだ。

   また、「多目的トイレ」というワードは10日19時~20時台にかけて日本のツイッタートレンド1位となり、11日に入ってもトレンド上位に位置する状況が続いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中