2020年 7月 3日 (金)

指原莉乃、拉致問題に涙 横田滋さん死去で「もっと若い人達も知らなきゃいけない」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   タレントの指原莉乃さん(27)が2020年6月14日朝放送の「ワイドナショー」(フジテレビ)で、目を真っ赤にして涙をぬぐう場面があった。北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(当時13)の父、横田滋さん(87)の死去を受けて、妻の早紀江さん(84)さんらが開いた記者会見を扱うコーナーでの出来事だ。

   芸能人からも反対の声が相次いでいた検察庁法改正案をめぐる問題では、「私はそこまでの信念がなかったので、つぶやけなかった」などと話していた指原さん。拉致問題については「知らなくてはいけないこと」などと訴えた。

  • 指原莉乃さん(2018年撮影)。「ワイドショー」では、拉致問題について「知らなくてはいけないこと」などと訴えた
    指原莉乃さん(2018年撮影)。「ワイドショー」では、拉致問題について「知らなくてはいけないこと」などと訴えた
  • 指原莉乃さん(2018年撮影)。「ワイドショー」では、拉致問題について「知らなくてはいけないこと」などと訴えた

「(登壇者3人の)力強い言葉を聞いて、何も思わなかった日本人っていなかったと思うんですよね」

   6月14日の放送では、妻の早紀江さん(84)、めぐみさんの双子の弟の拓也さん(51)、哲也さん(51)による会見の様子を特集。「ユーチューブにノーカット版があったので見ました」という指原さんは、

「(登壇者3人の)力強い言葉を聞いて、何も思わなかった日本人っていなかったと思うんですよね。特に印象的だったのが『一枚岩になって』というところが...」

などと会見の印象を話した。

   「一枚岩」という言葉は、拓也さん、哲也さんの両方が言及した。それぞれ、

「横田さん、横田家の問題ではなくて、日本国家に与えられた課題・使命であるということをみんなで意識して、報道も一枚岩になって北朝鮮と向かってほしい」
「実際、外交交渉するのも大事。日本人全体に年齢層問わず、認識・認知を広めるのも大事。一枚岩に国内がなっていない限り、やはり日本としては弱いと思うので、どういうことが若者に対してアピールになるのかを事務局とも考えながら(進めて)いければ」

といった内容で、メディアや若者を含めた世論の形成を訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中