2020年 7月 9日 (木)

子供向け「野球教室」にもコロナ禍の影響 ようやく活動再開も新入部員は...

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録
「子供たちに笑顔が戻って本当にうれしいですね」

   こう語るのは、都内で子供向けの野球教室「OAKS BASEBALL CLUB」を主宰するアスリート・マーケティング株式会社(東京・港区)の篠田哲次氏だ。

   新型コロナウイルスの感染拡大は、国内の様々なスポーツに影響を及ぼし、プロ野球、サッカーJリーグをはじめとするプロスポーツやアマチュアスポーツの大会が延期、中止に追いやられた。野球教室も例外ではなく、政府の休校要請、緊急事態宣言にともない活動休止を余儀なくされた。

  • 野球教室もようやく「開幕」
    野球教室もようやく「開幕」
  • 野球教室もようやく「開幕」

グランド使用禁止、子供たちの安全確保が難しく...

   「OAKS BASEBALL CLUB」は、小学生以下を対象とした「幼稚園クラス」と「小学校低学年クラス」、「小学校高学年クラス」の3つのクラスがあり、月に3回のペースで主に金曜日の午後に教室が開かれる。コーチスタッフはプロ野球OBで構成され、ヤクルト、阪神などで活躍した野口寿浩氏、元横浜ベイスターズの古木克明氏らが指導にあたる。

   同教室に通う子供たちの目的は様々で、地元の野球チームに所属しプロ選手を目指す子もいれば純粋に野球を楽しみたい子もいる。運動不足の解消、体力向上を目的とする子もおり、それぞれが月に3回、教室を楽しみにグランドに足を運んでいた。

   同教室は、都内で新型コロナウイルスの感染が広がりを見せた2020年4月以降、活動を休止していた。教室を開いていた都内グランドの使用が禁止され、子供たちの安全を確保するのが困難になったため約2カ月間にわたって活動を休止。そして5月25日に緊急事態宣言が全国で解除されたことを受けて、6月5日にようやく活動再開にこぎつけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中