2021年 5月 19日 (水)

巨人と阪神、明暗分けた「2つのポイント」 3連勝/3連敗の差はどこにあったか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「バースの再来」には「助っ人として及第点を与えられない」

   両陣営の采配とともに明暗を分けたのが、外国人助っ人だろう。巨人はヘラルド・パーラ外野手(33)、阪神はジャスティン・ボーア内野手(32)が新加入。開幕戦ではパーラが「7番・ライト」、ボーアは「4番・ファースト」でスタメン出場し、そのプレーに注目が集まった。

   堅実な打撃がウリのパーラは開幕戦で内野安打を記録すると、第2戦に来日第1号。第3戦では2号2ランを放ち、チームの3連勝に大きく貢献した。一方のボーアは開幕から12打数無安打といまだ快音なし。そればかりか、3度の満塁でもすべて凡退し、「バースの再来」の片りんは見えてこない。

   橋上氏は「巨人との3連戦を見た限りでは」と前置きし、ボーアの打席を次のように分析した。

「ストライクゾーンの違いや日本人投手にまだ慣れていないのかもしれませんが、球に全く反応出来ていないという印象です。巨人はスコアラーらによってボーア選手を分析していると思います。高木投手の投球内容も良かった。ボーア選手は左投手に弱いと言われますが、3連戦をみると左右関係なく振れていない。スイングもそれほど速いとは感じませんし、スピードにもついていけてないように思えます。現時点では助っ人として及第点を与えられないでしょう」(橋上氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中