2021年 5月 12日 (水)

山本太郎氏、須藤元気氏への批判は「ブーメラン」 扱い苦慮の立憲よそに、また...

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

須藤氏、身の振り方は「全く考えておらず」

   演説後には山本氏と須藤氏が記者陣の囲み取材に答えた。19年7月の参議院選挙では立憲民主党公認で比例区から出馬し、当選した須藤氏。今回の都知事選では山本氏への支持を決め、17日には離党の意向を示した。だが、立憲民主党は離党届を受理せず、保留状態になっている。当選同期の参院議員らが慰留の動きも見せるなど、扱いに苦慮する状況だ。

   今後の「身の振り方」を記者に聞かれた須藤氏は、

「今、正直、身の振り方は全く考えておらず、山本太郎さんが東京都知事になることを(目指して)全力でやっている。今、この瞬間、ベストを尽くすことが、明るい未来を作ると僕は信じているので、山本太郎さんが頑張っているところで僕も全力でサポートしたい」

   と語り、党の判断が出るまでは山本氏の応援を続けるとした。

   一方、山本氏は須藤氏の今後について「特に私がこうしてほしいという願望はない」としつつ、

「いろいろ(須藤氏に対する)批判はありますけど、その批判は回り回って自分たちに突き刺さるブーメランだってことを分かっていらっしゃらない方がいる」

   と、須藤氏の立場を擁護した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中