2020年 12月 2日 (水)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
混乱と分断の中の「独立記念日」

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   7月4日は、米国の独立記念日。イギリスの統治下にあった北米13の植民地が、独立を勝ち取った祝日だ。

   毎年、全米各地で盛大に花火が打ち上げられ、パレードやコンサートなどのイベントが開かれる。家族や友人とバーベキューやピクニックを楽しみ、この国の独立を祝う。街中が星条旗であふれ、最もアメリカらしい祝日だ。

   しかし、2020年5月末から今も続く人種差別に対する抗議デモと一連の動き、7月に入ってからの新型コロナウイルス感染の急増、11月に控える大統領選と、米国は混乱し、分断されているようにみえる。今年はいつもと違い、人々の間に悲観的な空気も流れている。

  • 2017年にアイオワ州で開かれたトランプ支持者の集会で掲げられた星条旗。共和党の支持者には星条旗掲揚を重視する人が多い(Office of the President of the United State)
    2017年にアイオワ州で開かれたトランプ支持者の集会で掲げられた星条旗。共和党の支持者には星条旗掲揚を重視する人が多い(Office of the President of the United State)
  • 2017年にアイオワ州で開かれたトランプ支持者の集会で掲げられた星条旗。共和党の支持者には星条旗掲揚を重視する人が多い(Office of the President of the United State)

3人に2人が、米国は「間違った方向を向いている」

   2020年6月末に行われた「USAトゥデイ」の世論調査によると、アメリカ人の3人に2人が、米国は「間違った方向を向いている」と答えている。

「今年は独立記念日を祝う気持ちにはなれない」と私に電話で話してくれたマディ(25、イリノイ州シカゴ在住)は、BLM(ブラック・ライブズ・マター=黒人の命を軽んじるな)の運動に積極的に参加してきた。 「黒人の命を虫けらのように扱う国に、敬意は払えない。21世紀のこの時代に、警官による暴力が立て続けに起きていることが、世界中の人の目にもさらされて、この国の信頼も大きく失われた。トランプが大統領だということが、アメリカ人として恥ずかしい」

   前出の世論調査では、トランプ支持者の10人に9人が、米国は「最も偉大な国、あるいは偉大な国の1つだ」と答えているのに対し、バイデン支持者の10人に6人が「平均か、それ以下」と回答している。

   ジョージア州コロンバス郊外に住む80代のマークは、私との遠隔取材の画面の向こうで、首を何度も横に振った。

「こんな悲痛な思いでこの日を迎えるのも、珍しいよ」

   共和党を支持するマークは、一部の民主党支持者らが、奴隷制度を支えた歴史的人物の像を破壊・撤去しようとしていることに触れた。

「警官の暴力的行為が存在することも、黒人に対する差別が未だ続いていることも、よくわかっているよ。それは何とかしなければならないと、共和党支持者だってほとんどが思っている。 でも、極左の連中がやっていることはあまりにも乱暴で、反発を生むだけだ。当時の時代背景を無視して、しかも反論の余地も与えずに、強引に倒したり破壊したりするのが、民主主義なのか。極左の言い分をのみ続けていたら、自分たちが守ってきたアメリカが、どんどん壊されていく。こんなことは言いたくないが、民主党支持者のなかには、新しく来た移民も多い。彼らに愛国心はあるのだろうかと、思ってしまうよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中