2020年 12月 2日 (水)

セ・リーグ守護神で安定感を見せるのは誰? 巨人・デラロサは好スタートも登録抹消

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球セ・リーグの対戦カードが一回りした。2020年7月5日時点で巨人が首位を走り、1.5ゲーム差でDeNAが追っている。新型インフルエンザの影響でレギュラーシーズンが120試合に短縮され、今シーズン投手陣には例年以上の負担が見込まれる。そのような中、各チームの守護神はどのようなスタートを切ったのか。ここまでのセ・リーグ6球団の守護神の投球内容に迫った。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

阪神・藤川は本来の投球には...

   首位を快走する巨人の抑えを務めるのは来日2年目のルビー・デラロサ投手(31)。今シーズンは開幕から5試合連続で無失点と安定した内容だったが、7月5日の中日戦で9回から登板し、先頭のダヤン・ビシエド内野手(31)に一発を浴びて緊急降板。試合後、「左脇腹肉離れ」と診断され6日に登録抹消となった。ここまで6試合で防御率1.80と抜群の安定感を見せていただけに守護神の離脱はチームにとって痛いところだ。

   DeNAの絶対的守護神・山崎康晃投手(27)の今シーズンの立ち上がりは安定感に欠ける。初登板となった6月23日と24日の中日戦ではセーブはついたものの、投球にキレがみられず不安を残す内容だった。6月27日の阪神戦では1点リードの9回に登板し、2死から連続四球で1、2塁とし、ジェリー・サンズ外野手(32)に3ランを浴びて逆転負け。5試合で1敗4セーブと結果は残しているものの、防御率は5.79となっている。

   開幕から低迷が続く阪神は、ベテラン藤川球児投手(39)がクローザーを務める。今シーズンはここまで3試合に登板し1セーブを挙げるも13.50の防御率が示すように投球は安定していない。今シーズンの初登板となった6月23日のヤクルト戦では9回に2本のヒットを許して1失点。6月25日のヤクルト戦では9回2死としたものの、西浦直亨内野手(29)に3ランを浴び逆転サヨナラ負け。本来の投球をまだ取り戻せていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中