2020年 11月 26日 (木)

ドラマ「M」が描いた、浜崎あゆみのセルフプロデュース力 現実と重なる「20年前の出来事」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   歌手の浜崎あゆみさん(41)の自伝的小説をドラマ化した「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)の最終回となる第7回が、2020年7月4日に放送された。

   ドラマでは福岡県から上京してスターを目指すアユ役を歌手の安斉かれんさん(20)、アユを発掘してスターの座に押し上げるプロデューサー・MAXマサ役を俳優の三浦翔平さん(32)がそれぞれ務める。第7回となる4日の放送では全盛期を迎えたアユの2000年における活躍ぶりと、マサとの別れが描かれた。

  • 「M 愛すべき人がいて」公式サイトから
    「M 愛すべき人がいて」公式サイトから
  • 「M 愛すべき人がいて」公式サイトから

マサの力を借りずに自らをプロデュースするアユ

   番組冒頭、「a victory」の大浜社長は「週刊誌に載る寸前だった」と力説しつつ、アユとマサの交際の証拠写真を役員会で暴露。何とか掲載を食い止めたとする大浜社長は、それに対する落とし前として、「新しい巨大フェスの開発」「映画事業の開発」「新人の発掘と売り出し」という、アユのプロデュースでただでさえ多忙を極めるマサにさらなる負担をかけるべく、3つの巨大プロジェクトをなすりつけたのだった。

   このため、マサとアユは同棲しているにもかかわらず、その生活時間帯が重ならなくなるなど、徐々にすれ違い生活に。奇跡的に重なった夕方までの半休の日にデートの約束をするも、疲労と泥酔が原因で、マサは夕方まで寝過ごしてしまう。デートをあきらめ仕事に出かける準備を進めるアユと、リビングで遭遇したマサの間に、それまでにはない気まずい空気が流れ始めた瞬間だった。

   その後も、レコーディングはマサ不在のまま行われるようになったが、そんな中、アユに変化が訪れる。マサの自宅のスタジオで本人から習った知識を基にして録音の際に自らディレクターに指示を出すなど、アユはマサの力を借りずに自らをプロデュース。その結果として、浜崎さんの代表曲である「SEASONS」が完成し、渋谷の街は同曲のプロモーション一色に染まったのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中