2020年 8月 11日 (火)

中高生向け「メディアリテラシー」特集が大人にも好評 「図書館教育ニュース」発行元に制作背景をきいた

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   学校図書館の掲示物が、ツイッター上で8万リツイートを超える大きな反響を生み出した。

   少年写真新聞社の図書館教育ニュース2020年7月号、「クイズ メディアリテラシー」が、良い記事だと話題となった。J-CASTニュースは、少年写真新聞社に制作の背景などをメールで取材した。

  • 少年写真新聞社の公式サイトより
    少年写真新聞社の公式サイトより
  • 少年写真新聞社の公式サイトより

「この情報、どう受け止める?」

   「図書館教育ニュース」は制作する少年写真新聞社によれば、全国の約三分一の中学校・高等学校に用いられている。大きな写真やイラストが添えられた掲示用B2判カラーで、生徒の目を引く。7月3日、用事で学校に訪れたというアカウントがツイッターに投稿した、この新聞を撮影した画像が大きな注目を集めた。

   「クイズ メディアリテラシー」と称された特集では、「この情報、どう受け止める? 下の記事は、どこに気を付けて読めばいいのでしょうか?」とSNSの投稿や報道の例をクイズで3つ挙げている。このうち、イラストの「グラフの棒の長さが何倍に伸びたか」を問うクイズでは、棒グラフの長さが一見、大幅に増えたように見える図について、実は表の下の方の一部数字帯が割愛されているための見た目の変化で、もうひとつの割愛のない棒グラフの図をみると変化の幅は小さい、という事例を紹介していた。

   こうした内容に対し、

「これいつも心掛けたい。子にも教えたいこと」
「これめっちゃ大切だよね、、メディアリテラシー勉強したい」
「大人にも配ってほしい」

   とSNS上で大きな反響を生み出し、7日午前段階で、8万リツイートを超える反応が寄せられている。こうしたSNSでの反響について、「クイズ メディアリテラシー」の企画を行った少年写真新聞社は6日、J-CASTニュースの取材に対して、次のような回答を寄せた。

「今年前半はコロナ禍でさまざまなデマや不確実な情報が飛び交っていました。感染第2波も警戒される今、時流に乗ったことが好評を頂いた一番大きな理由だと思います。また、大人は中高生より経験豊富ですが、逆に先入観で頭が固くなっている人もいるのではないでしょうか。メディアリテラシーで大切なのは『情報を鵜呑みにしたり決めつけたりせずに、自分の頭で多面的に考えよう』ということです。このニュースを通じて、大人にも再確認していただけたのかもしれません」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中