2020年 11月 26日 (木)

紅白は全面リモート?「笑ってはいけない」はマスク着用&吹き矢復活? コロナ禍の年末番組を、J-CAST記者が予想する!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2020年8月22日と23日に放送される「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)で、今年は「24時間マラソン」が行われないことが7月6日に発表された。

   「24時間マラソン」とは、毎年放送される同番組の中心コーナー。その年の走者が24時間の間にゴールである日本武道館(2019年は両国国技館)を目指すことで知られるが、今年は新型コロナウイルスの流行が続く中、マラソンの中止が発表された。

  • 新型コロナウイルスで年末番組はどこまで変わる?(写真はイメージ)
    新型コロナウイルスで年末番組はどこまで変わる?(写真はイメージ)
  • 新型コロナウイルスで年末番組はどこまで変わる?(写真はイメージ)

24時間マラソンもできないとなると...

   24時間マラソンという、テレビ界の「恒例行事」すら中止に追い込んだコロナの流行。24時間テレビでは他にも、例年とは違い「無観客で行われる」という点も発表されており、コーナーの有無だけではなく番組の進行方法にも影響が出た形だ。

   すでにバラエティーや情報番組において飛沫防止のためのアクリル板が多用されるなど、放送のやり方そのものにも影響が出ている中、24時間テレビもその大きな波に飲み込まれることに。

   そうなると、24時間テレビ以外の「恒例の番組」が「今年はどうなるか?」が気になってくる......。そう、大みそかに放送される「NHK紅白歌合戦」と「ガキの使いやあらへんで 笑ってはいけないシリーズ」だ。

   実は、ネット上では日本国内でコロナの流行が始まった頃から、「新型コロナ騒動で今年の紅白歌合戦は中止かな?」「本当に今年の笑ってはいけないが楽しみだなー。(中略)コロナで収録中止とかにならないでほしいな!」といった声が上がるようになっており、大みそかを代表する2番組が例年通り放送されるか否かを気にする声が散発的に上がり続けているのだ。

   そこで、今回は「どうすればこれら2番組が放送できるか」「どのような形でこれら2番組が放送されるのか」を考えていこう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中