2020年 11月 25日 (水)

山本太郎氏、自らの「優生思想」の芽にも言及 大西氏「命の選別」発言、なぜ「即刻除籍」しない?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   れいわ新選組の山本太郎代表は2020年7月10日に党本部前で記者の取材に応じ、19年の参院選で同党公認候補だった大西つねき(恒樹)氏の「命の選別」発言を巡り、来週中に開かれる党総会で大西氏に「除籍」を提案するとした。

   山本氏は大西氏について「弁明の余地はない」と厳しい口調でコメント。その一方で、即座に除籍を決めなかった理由として、自分自身も含めての「優生思想」の芽に言及した。

  • 厳しい表情で取材に応じるれいわ新選組・山本太郎代表
    厳しい表情で取材に応じるれいわ新選組・山本太郎代表
  • 厳しい表情で取材に応じるれいわ新選組・山本太郎代表

「私自身は除籍しかないだろうなという気持ち」

   大西氏は元外資系銀行の為替ディーラーで、2019年夏の参院選(比例区)でれいわ新選組の公認候補として立候補したものの落選している。大西氏は3日、自身の動画チャンネルで「長生きする高齢者」について触れ、「命、選別しないとダメだと思いますよ。はっきり言いますけど。なんでかっていうと、その選択が政治なんですよ」「高齢の方から逝ってもらうしかないです」などと発言していた。

   これを受け山本代表は7日に党の公式サイトで「立党の精神と反するもので看過することはできない」とコメント。大西氏の処分については、翌8日に公式サイト内で「党の意思決定の場である総会において行います」と伝えていた。

   山本氏は10日夜、党本部前で記者陣の取材に応じた。山本氏は大西氏について「私自身は除籍しかないだろうなという気持ち」「弁明の余地はない」と厳しい表情でコメント。その一方で「私一人では(処分を)決められない」とし、来週中に開かれる党の総会で大西の「除籍」を提案する意向を示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中