2020年 11月 26日 (木)

鈴木紗理奈「ユッキーナ騒動」でド緊張 社長も来て 「事務所総出」のサンジャポ出演

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   タレントの鈴木紗理奈さん(42)が2020年7月12日放送の情報バラエティー番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)に出演し、7月6日に芸能界引退を発表した木下優樹菜さん(32)について複雑な胸の内を語った。

   2人は以前から親交が深く、互いのインスタグラム投稿に登場する仲だった。鈴木さんは番組で「木下優樹菜が姐さんと慕う」人物だと紹介され、司会の爆笑問題・田中裕二さんから「ユッキーナから(引退に関して)連絡は」と問われると、「ないんです」と一言。続けて「言うべきことなのか・・・」と悩ましげな様子で最後にやりとりをした様子を明かした。

  • 木下優樹菜さん(2008年撮影)
    木下優樹菜さん(2008年撮影)
  • 木下優樹菜さん(2008年撮影)

「ヤンキー枠の席は空いたから、私がもらおうかな」

鈴木「去年の11月くらいに、ちょうど(木下さんの)自粛の時くらいに子育てのことで意見の食い違いがあり、そこから連絡を取り合ってなかったというか・・・」

   ちょうど木下さんが、実姉が勤務していたタピオカ店の店主に対しSNS上で「いい年こいたばばあ」、「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるから」、「事務所総出でやりますね」などと恫喝した件で事実関係を認めて謝罪し、活動休止を発表した時期に当たる。鈴木さんはその頃からやりとりをしていないそうだ。「タピオカの件は優樹菜が悪い」と一刀両断。「芸能界引退しても母親であることは変わらないから、責任感を持って頑張って生きていって欲しい」とエールを送りながらも、

「ヤンキー枠の席は空いたから、私がもらおうかな」

と答えてスタジオを沸かせていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中