2020年 8月 11日 (火)

中日投壊、2試合で35安打26失点 守護神・岡田の不調に痛すぎる高橋の戦線離脱...

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロ野球の中日は2020年7月12日、ナゴヤドームで広島と対戦し2-7で敗れた。先発・梅津晃大投手(23)が6回まで粘りの投球で広島打線を2点に抑えたが、7回に乱れ1死も取れずに降板。後を継いだ祖父江大輔投手(32)が後続を打ち取ることが出来ずこの回4失点。その裏の攻撃で1点を返したものの、反撃はここまで。広島3連戦で負け越し、借金は「4」となった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

指揮官「信頼は変わらない」も...

   前夜の「悪夢」が蘇るようなシーンだった。7回、疲労の色が濃いマウンド上の梅津は、先頭・安部友裕内野手(31)にライト前に運ばれると、続くホセ・ピレラ外野手(30)をストレートの四球で歩かせた。6回まで再三のピンチを気迫でしのいできた梅津だったが、スタミナ的に限界の様子で、この回でマウンドを降りた。打者28人に対して7安打3四球。球数は今シーズン最多の119球だった。

   無死1、2塁の場面で祖父江は2番手としてマウンドに上がった。先頭・菊池涼介内野手(30)を三振に打ち取ったが、西川龍馬内野手(25)、鈴木誠也外野手(25)に連続タイムリーツーベースを許した。6番・会沢翼捕手(32)を四球で歩かせ2死1、2塁から堂林翔太内野手(28)にタイムリーを許したところで降板。与田剛監督(54)は5点ビハインドの場面で3番手に守護神・岡田俊哉投手(28)を送り込んだ。

   前日11日の23安打(19失点)に続いてこの日も投手陣が2ケタ安打(12安打)を許しての惨敗。中でも深刻なのは守護神・岡田の不調だ。7日のヤクルト戦では延長10回に押し出し四球で決勝点を与えてチームは1-2で敗れた。9日のヤクルト戦では1点リードの9回に登板して4失点。抑えきれない守護神に対して指揮官は「信頼は変わらない」と言及するも、12日の試合では5点リードされた場面で岡田を起用する采配を見せた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中