2020年 8月 8日 (土)

与党はノー、野党もダメ... 現職・前職「共倒れ」の鹿児島県知事選、新人勝利の背景は

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   任期満了にともなって行われた鹿児島県知事選が2020年7月12日に投開票され、与党が推した現職と、立憲民主党の県連が推薦した前職の両方が敗れるという異例の展開になった。

   当選したのは、新人で前九州経済産業局長の塩田康一氏(54)。塩田氏は「前の人(前職)でも今の人(現職)でもない」をキャッチフレーズに、政党からの支援を受けない草の根選挙を展開した。現職への批判が高まっていたことも背景に、都市部や無党派層の支持を集めた。

  • 鹿児島県知事選では、現職にも前職にも「ノー」が突きつけられた(写真はイメージ)
    鹿児島県知事選では、現職にも前職にも「ノー」が突きつけられた(写真はイメージ)
  • 鹿児島県知事選では、現職にも前職にも「ノー」が突きつけられた(写真はイメージ)

原発再稼働容認、集票依頼疑惑、「鹿児島モデル」撤回...

   知事選には現職の三反園訓(みたぞの・さとし)氏(62)=自民、公明推薦=、前職の伊藤祐一郎氏=立憲県連推薦=(72)ら過去最多の7人が立候補した。三反園氏は元テレビ朝日記者で、16年の前回選挙で九州電力川内原発の再稼働反対を掲げ、野党の支援を受けて出馬。3期12年を務め、4選を目指していた伊藤氏を破って初当選した。

   しかし、その後九州電力川内原発の再稼働容認に転じ、政治姿勢が一貫していないとの批判が強かった。

   さらに、6月21日には地元紙の南日本新聞が、県内の複数の首長が三反園氏から電話で票のとりまとめを依頼されたと証言した、などと報じた。公職選挙法は特別職を含む公務員が地位を利用して選挙運動することを禁じている。三反園氏は翌6月22日の記者会見で、電話したことを認めた上で集票の意図は否定した。

   新型コロナ対策をめぐっては、5月22日に独自の「鹿児島モデル」を発表していたが、6月19日になって撤回。大幅に経済活動へのハードルを下げた新基準を発表していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中