2021年 9月 27日 (月)

「モー娘。のエース」鞘師里保が帰ってきた 5年ぶり「リリー」主演で舞台へ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   舞台「TRUMP」シリーズの最新作となる音楽朗読劇「黒世界 ~リリーの永遠記憶探訪記、或いは、終わりなき繭期にまつわる寥々たる考察について~」で、元モーニング娘。の鞘師里保さんが主演を務めることが2020年7月15日に発表された。

   かつてモーニング娘。のエースと目された鞘師さんだが、この舞台は久々に「鞘師里保」名義での日本での芸能活動で、電撃的なグループ卒業以来待ち望まれていた姿を見せつつある。

  • 「TRUMP」シリーズ最新作は音楽朗読劇になった
    「TRUMP」シリーズ最新作は音楽朗読劇になった
  • 「TRUMP」シリーズ最新作は音楽朗読劇になった

エースからあまりにも早い卒業

   鞘師さんは2011年1月にモーニング娘。に9期メンバーとして加入する。この時まだ12歳だったが、アクターズスクール広島在籍時に培ったダンスや表現力をひっさげて一躍モーニング娘。のエースと注目された。当時(2012~14年頃)のモーニング娘。は5~8期メンバーの「ベテラン」と9期以降の「若手」が相乗効果で活躍していた。ステージでは圧倒的なパフォーマンスを見せながら、オフではどことなく抜けていて先輩後輩から愛されるギャップもファンに愛された。

   2014年11月に8代目リーダーの道重さゆみさんが卒業し、鞘師さんと同期の譜久村聖さんがリーダーの新体制が始まったが、鞘師さんは2015年10月に卒業を発表、12月31日をもって卒業した。卒業理由は海外へのダンス留学だったが、新体制でもエースの役割を期待された17歳の早すぎる卒業にファンは騒然となり、多くの人に惜しまれた。

   卒業後はほとんど表舞台に出なかったが、2019年3月にハロー!プロジェクトの公演「ひなフェス2019」(幕張メッセ)に出演、さらに6月28日に横浜アリーナで行われたBABYMETALのライブに予告なくサポートダンサーとして出演して観客・ファンを驚かせた。20年には5月1日にインスタグラムを開設し、日本での活動の幅を広げつつある。

5年ぶりに演じる「リリー」

   「黒世界」は音楽朗読劇で、演出家・劇作家の末満健一さんによる「TRUMP」シリーズの1作になる。鞘師さんはモーニング娘。時代の2014年に「LILIUM-リリウム 少女純潔歌劇-」、2015年に「リリウム」感謝祭で2日間だけ上演された続編「二輪咲き」リリー役で出演していた。今回の「黒世界」にもリリー役で出演する。

   ややネタバレを含めて考察を試みると、「TRUMP」シリーズは吸血種「ヴァンプ」たちを主人公に展開される舞台で、鞘師さんが演じたリリーも不老不死のヴァンプである。「リリウム」でのリリーは人間の思春期に該当する「繭期」を過ごしていた。「リリウム」当時16歳の現役アイドルだった鞘師さんに合致した役柄を好演しているが、5年を経て再びリリーを演じる。

   モーニング娘。時代の天真爛漫な姿から成長した鞘師さんが、今回はどんなリリーを演じるか、ダンスや歌唱力に注目されがちだった鞘師さんの俳優としてのスキルにも注目がいくだろう。公演は「雨下の章」「日和の章」の同時上演で、9月20日~10月4日に東京・サンシャイン劇場で、10月14日~10月20日に大阪・COOL JAPAN PARK TT ホールで上演予定である。

(J-CASTニュース編集部 大宮高史)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中