2021年 9月 22日 (水)

広島、投壊3連敗に「暗黒時代」の声が 苦しい投手陣、チャンス生かせぬ打撃、武器の機動力も...

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

機動力を生かした野球も影を潜める

   打撃陣に目を向けると、得点のチャンスにあと一本が出ない。チーム打率はリーグトップの.283を誇るも、得点はリーグ3位の99点。首位を走る巨人はチーム打率.265ながら得点はリーグトップの118点をマーク。リーグ3連覇中に見られた機動力を生かした野球も影を潜め、ここまでチームの盗塁数はわずか8個。投手力の低迷に加え、機動力の低下もチーム低迷のひとつの要因となっている。

   5年連続で勝ち越している巨人に3タテを食らい、今シーズンはここまで1勝4敗1分と負け越している。本拠地マツダスタジアムで巨人に3タテを喫するのは、2011年8月5日~7日以来9年ぶりの屈辱だ。11年は広島暗黒時代の終盤で、今回の3タテに「暗黒時代」が頭によぎった鯉党もおり、ネット上では「暗黒時代」のワードが出始めた。鯉党にとってそれだけインパクトのある3連敗だった。

   17日からは本拠地マツダスタジアムで2位ヤクルトを迎えての3連戦となる。カードの頭となる初戦はエース大瀬良大地投手(29)が先発のマウンドに上がる。ここまで2完投(2勝)と先発の柱としてチームをけん引する大瀬良。エースが負の流れを断ち切ることが出来るか。エースのマウンドに注目される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中