2020年 8月 8日 (土)

「美白」と人種問題、J&J一部「終売」で議論 国内メーカーはどう考える?大手4社に聞いた

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(以下J&J)が一部の地域で、一部美白化粧品の販売を中止した。これを受けて、日本含むアジア系を名乗るアカウントからは疑問の声もあがった。

   ニューヨーク・タイムズ(ウェブ版。6月19日公開、25日に更新)が掲載したJ&Jのコメントによると、販売を中止した商品の宣伝には「素肌の色よりも白い方がいい(fairness or white as better than your own unique skin tone)」という文言を用いていたという。

   これを受けて、日本含むアジア系を名乗るアカウントからは疑問の声もあがった。J-CASTニュースは、美白商品の販売中止を行ったJ&Jにその経緯や国内での対応について尋ねた。さらに、国内大手化粧品メーカーに各化粧品メーカーの考える「美白」についての見解を聞いた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「商品ラインアップを戦略的に整えるため」

   黒人男性が白人警察に首を抑えられ死亡した事件を発端に、世界各地で人種差別への抗議運動が広がっている。そんな中J&Jが、アジアと中東で販売されているNeutrogena(ニュートロジーナ)ブランドの「Fine Fairness」と、インドで販売されているClean&Clearブランドの「Clear Fairness」のシミ消しクリームの販売を中止した。「白い肌を推奨している」との批判が出ていたためである。

   上記のニューヨーク・タイムズ記事によれば、該当商品はダークスポットリデューサー(しみ消し)として宣伝されてきたが、一部の購入者が肌のトーンを明るくするために使用していたという。さらに同紙によれば、アジアでは、「Fine Fairness」を宣伝するコマーシャルで、「より完全に白くする」ことができる方法を説明しているという。

   J-CASTニュースは、J&Jに、美白化粧品のアジアや中東での販売を取りやめた経緯について尋ねた。J&Jグローバルはこう回答する。

「対象商品の中止は弊社の商品ラインアップを戦略的に整えるために決断しました。 また、成長が見込まれるマーケットやカテゴリーに注力し、お客様の生活をより豊かにするために常に商品ラインアップを精査し、充実させることを心掛けております」

   また、日本国内で販売を見合わせている商品があるかについては、

「日本では美白商品の取り扱いはないため、このニュースを受けて販売中止を予定している商品はありません」

と回答した。実際、編集部が6月末の時点で公式サイト上を確認したところ、国内商品に「美白」という用語は使われていなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中