2020年 8月 13日 (木)

三浦春馬さん死去、多部未華子との「オリンピックカップル」もう見られず 約4年ごとに映画で共演、「君に届け」から3度

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   2020年7月18日に30歳で死去した俳優の三浦春馬さんに対し、2日後となる20日もネット上では多数の人々が哀悼の意を捧げている。そんな中、女優の多部未華子さん(31)のファンから、ひときわ強い嘆きの声が上がっている。

   あるツイッターアカウントは「もう4年後は"多部未華子ちゃんと三浦春馬くん"って言うオリンピックカップルは見れないんだ」と、2人の名前を出しつつ悲嘆に暮れているほか、別のアカウントも「みんな大好き4年に1度のカップル。三浦春馬×多部未華子 もう見れないんだね。私たちに、4年後の2人はないんだね...」と肩を落としている。

   これらの声、共通しているのは「4年後」「オリンピック」という、「4年に1度」を意識している点だ。というのも、三浦さんと多部さんは「4年ごと」に共演してきたという実績があるのだ。

  • 三浦春馬さん(2008年撮影)
    三浦春馬さん(2008年撮影)
  • 三浦春馬さん(2008年撮影)

約4年ごとに実現してきた2人の共演

   三浦さんと多部さんは2010年9月公開の映画「君に届け」にダブル主演。漫画家の椎名軽穂さんの同名漫画が原作で、公開時点で20歳の三浦さんと21歳の多部さんが高校生役で出演する青春映画だ。

   おりしも、三浦さんが亡くなった18日に放送された「音楽の日」(TBS系)では主題歌である「君に届け」がflumpoolによって歌われており、このため、ツイッター上には「このタイミングでflumpoolの君に届けがテレビから流れてきて、三浦春馬くんと多部未華子ちゃんの『君に届け』思い出した」といった声が上がるなど、同作を思い出したとする声が続々と上がった。

   また、「君に届け」から4年後となる2014年、三浦さんと多部さんはドラマ「僕のいた時間」(フジテレビ系)で共演。主演は三浦さんが務め、多部さんはヒロインとして出演。三浦さんが演じたのは難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患う青年で、役作りのために減量を行った上で撮影に臨んだことが大きな話題を呼んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中