2021年 1月 17日 (日)

中日、投手起用法にファン疑問 指揮官は「今日は使う場所を私が間違えたのかな」

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

得点・盗塁はリーグ最少、チーム打率はリーグワースト

   今シーズンは打線の援護が少なく、投手陣が苦しんでいる。チーム打率はリーグワーストの.251で、これに比例するようにチームの得点はリーグ最少の「99」で唯一の2ケタだ。本塁打はセ・パ通じて最少の17本で、盗塁数はDeNAと並んでリーグ最少の「5」。首位・巨人と比較すると、中日の99得点に対して巨人は139得点を記録しており、本塁打は倍以上の35本をマークしている。

   借金は再び「7」となり、首位・巨人とのゲーム差は8.5ゲーム。今シーズンは新型コロナウイルスの影響でレギュラーシーズンが120試合に短縮され、連戦が続くため例年よりもスピーディーな展開となる。すでにシーズンの4分の1を消化し、残り90試合。最下位脱出を目指す指揮官の苦しい戦いは続く。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中