2021年 6月 25日 (金)

「尖閣諸島」駆け引きはメディア上でも... 中国側が「共同通信」引用した思惑

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

菅義偉官房長官「具体的な対応についてはお答えを差し控えたい」

   ただ、近いうちに事態がエスカレートする可能性もある。中国側が尖閣諸島周辺で設定する休漁期間が8月16日に終わるため、多くの漁船が尖閣周辺の接続水域を航行したり、領海に侵入したりする可能性があるからだ。この状況をめぐって、産経新聞が8月2日に、

「(中国政府が日本政府に対して)多数の漁船による領海侵入を予告するような主張とともに、日本側に航行制止を『要求する資格はない』と伝えてきていた」

と報じたこともあって、日本の世論でも警戒感が高まっていた。

   ただ、菅義偉官房長官は8月3日の記者会見で、多数の漁船が押し寄せるリスクについて、

「政府としては、現下の安全保障環境において、様々な事態に適切に対処することができるよう、必要な体制を構築しているが、具体的な対応についてはお答えを差し控えたい。いずれにせよ、引き続き関連動向を注視するとともに、関係省庁が緊密に連携して、情勢に応じて対応に万全を期していきたい」

と述べるにとどめた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中