2020年 9月 19日 (土)

先生「たこ焼きです」視聴者「お好み焼きだよ!」 キユーピー3分クッキング、異色料理にツッコミの嵐

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   2020年8月6日に放送された「キユーピー3分クッキング」(日本テレビ系)が視聴者の間で話題だ。

   この日、番組が紹介したのは「ふわとろたこ焼き」。冒頭で杉上佐智枝アナウンサーが「今日は、フライパンで作る、大きなたこ焼きです」と元気良くたこ焼きを作ることを宣言すると、料理を担当する藤井恵先生が料理についての解説を始めた。

  • 「キユーピー3分クッキング」のサイトから
    「キユーピー3分クッキング」のサイトから
  • 「キユーピー3分クッキング」のサイトから

お好み焼きのようなたこ焼き...!?

   開口一番、藤井先生は「見た目はお好み焼きのようなんですが、大和芋をたっぷり使っていますので、ふわふわな食感になります」と説明。はて、「お好み焼きのような」とは、どういうことなのだろう。

   また「お好み焼きのような」の後に続く「大和芋をたっぷり使っていますので、ふわふわな食感になります」という箇所が、「お好み焼きのような」を受けているかと言われると、あまりそのようには聞こえないため、いったいどんな料理になるのか、この時点ではなかなか視聴者には伝わりづらい。

   ともあれ、細かいことを気にしていては始まらない。そこで、番組を視聴していくと、材料の紹介に始まり、今日の主役である大和芋を藤井先生が手際よくすりおろす様子などが放送されるなどした後、大和芋と出汁が混ぜられ、さらにそこに卵が入れられた。適度に泡立てられると、いよいよ、フライパンでたこ焼きの生地を加熱するシーンが始まった。

   直径20センチのフライパンに油が注がれると、藤井先生は生地の一部を投入。続いてタコなどの具材をフライパンに投入すると、その上からさらに生地を流し込んで被せ、具材は全て生地の中に収められた。「中火で5分、加熱してください」との説明が終わると、加熱後の食材が登場。加熱によってしっかりと固まった生地は、確かにお好み焼きのよう......いや、今回のテーマはあくまで「たこ焼き」である。

   焼き上がった生地を一度皿に移し、再度フライパンに油を注ぎ、生地の上下を入れ替えて再度加熱を始めると、カメラの前にはいよいよ、両面の加熱を終えた「完成品」が登場。藤井先生がしっかりと焼き目がついた生地をフライパンから皿に移すと、実においしそうなお好み焼き......いや、「円盤状のたこ焼き」が姿を現したのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中