2020年 9月 26日 (土)

広島、黄金期の強さどこに 迫られる「世代交代」、タナキクも他人事では...

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   2016年から3連覇と黄金時代を築いた広島が精彩を欠いている。

   シーズンの3分の1を終えた現時点で首位・巨人に大きく離されて下位に低迷。スポーツ紙デスクはこう分析する。

  • 苦戦が続く広島だが…
    苦戦が続く広島だが…
  • 苦戦が続く広島だが…

「ベンチワークの責任が大きい」

   「戦力がいないわけではない。打線は西川龍馬、鈴木誠也という軸がいて今年は堂林翔太が再ブレークした。ベテランの松山竜平、長野久義も今年は状態がいい。ただ強かった時の試合巧者ぶりは見られない。ヒットを重ねても得点が入らない。弱点のリリーフ陣も未だ整備できず苦しんでいる。投手出身の佐々岡真司監督にはその部分を期待されていると思うのですが...ベンチワークの責任が大きいと思います」

   苦戦の大きな要因は救援陣であることは間違いない。開幕時に守護神を務めた新外国人・スコットは6試合登板して防御率22.50と全く通用せずに登録抹消。通算115セーブと長年守護神を務めた中崎翔太が本来の状態とは程遠いため、菊池保則を代役で白羽の矢を立てたが痛打を浴びる試合が続いた。

   セットアッパー左腕のフランスアを守護神に回したが、救援陣にしわ寄せがきている。6日のヤクルト戦(神宮)では5点差を追いついた直後の7回に薮田和樹が3点を奪われて今季初の同一カード3連勝はならなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中