2020年 9月 30日 (水)

「末永く愛される電車に...」 東京メトロ新型・17000系は「バリアフリー」推進型

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   東京メトロは2020年8月11日、有楽町線と副都心線に15年ぶりにお目見えする新型車両「17000系」を東京・新木場の車両基地で報道陣に公開した。

   車いすやベビーカーが使えるフリースペースを全車両に備え、外からもフリースペースの場所が分かるように、窓の上にはピクトグラムをペイント。乗り降りの際の段差も少なくなるように工夫し、これまでの車両よりもバリアフリー化を進めた。

  • 報道陣にお披露目された新型車両「17000系」。2021年2月に営業運転を始める
    報道陣にお披露目された新型車両「17000系」。2021年2月に営業運転を始める
  • 手前から17000系、10000系、7000系。22年度までに7000系を置き換える
    手前から17000系、10000系、7000系。22年度までに7000系を置き換える
  • 内装面でも、座席をはじめとする車内空間を有楽町線・副都心線の色彩(ゴールド・ブラウン)に同調させ、スタイリッシュなデザインを強調した。
    内装面でも、座席をはじめとする車内空間を有楽町線・副都心線の色彩(ゴールド・ブラウン)に同調させ、スタイリッシュなデザインを強調した。
  • フリースペースの上にはピクトグラムを配置。外から見ても分かるようにした
    フリースペースの上にはピクトグラムを配置。外から見ても分かるようにした
  • ドアの出入り口の部分に約10度の傾斜をつけて、これまでの車種よりも1センチほど段差も少なくなった
    ドアの出入り口の部分に約10度の傾斜をつけて、これまでの車種よりも1センチほど段差も少なくなった
  • 報道陣にお披露目された新型車両「17000系」。2021年2月に営業運転を始める
  • 手前から17000系、10000系、7000系。22年度までに7000系を置き換える
  • 内装面でも、座席をはじめとする車内空間を有楽町線・副都心線の色彩(ゴールド・ブラウン)に同調させ、スタイリッシュなデザインを強調した。
  • フリースペースの上にはピクトグラムを配置。外から見ても分かるようにした
  • ドアの出入り口の部分に約10度の傾斜をつけて、これまでの車種よりも1センチほど段差も少なくなった

有楽町線のゴールドと副都心線のブラウンのラインをあしらう

   現時点で、有楽町線と副都心線を営業運転している車両は、1974年の有楽町線開業時から走っている7000系と、06年デビューの10000系の2種類。17000系では、7000系や10000系を連想させるような丸型のヘッドライトを採用し、外装には有楽町線のゴールドと副都心線のブラウンのラインをあしらった。

   内装面でも、座席をはじめとする車内空間を有楽町線・副都心線の色彩(ゴールド・ブラウン)に同調させ、スタイリッシュなデザインを強調した。ドアの出入り口の部分に約10度の傾斜をつけて、これまでの車種よりも1センチほど段差も少なくなった。

   さらに、脱線した場合にも自動で列車を停止させる脱線検知装置や、車両基地や総合指令所から走行車両の機器状態を遠隔監視するシステムを導入。安全性も高めた。

   17000系は20年10月頃に試運転を始め、営業運転は21年2月を予定する。7000系と入れ替える形で22年度までに全21編成、計180両の導入を予定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中