2020年 9月 22日 (火)

インターハイ中止の高校生たちに新曲を... back number書き下ろし「水平線」公開にファン涙

カンタン約1分!あなたの健康に関するアンケートのお願い
「本来、インターハイの開会式が行われるはずだった、本日8月18日に公開致します」

   スリーピースバンド「back number(バックナンバー)」は2020年8月18日、新曲「水平線」をYouTube上に公開した。同作は、中止となってしまったインターハイを目指していた高校生に向けて書き下ろされた。

   SNS上のファンたちは喜び、また感傷にひたっている。

  • back number公式ツイッターより
    back number公式ツイッターより
  • back number公式ツイッターより

「一生懸命頑張っている全ての皆さんに届けば嬉しく思います」

   新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、全国高校総体(インターハイ)が中止となった。今年の開催地は群馬県で、「back number」のボーカル・ギターの清水依与吏さんの故郷。さらに、開会式では同バンドの楽曲「SISTER」が演奏される予定だった。学生時代に自身も陸上競技でインターハイを目指していた清水さんは、インターハイ開催に向けて尽力してきた高校生たちからの手紙で、その窮状を知ったという。

   そして、彼らや彼女たちのために何か出来ないか考え、急遽制作し、完成した楽曲が「水平線」。18日、日付変更とともにオフィシャルYouTubeチャンネルに公開された。現時点ではリリースの予定はないとのこと。PVには町から海へ歩きを進める女子高生が写っている。

   公式ツイッターアカウントでは同曲について、このように紹介されている。

「甲子園、全国高校総合文化祭、全日本吹奏楽コンクールなど、インターハイ以外にもたくさんの大会が中止になり、思っていたような夏が送れていない人もたくさんいると思います。この曲が夢に向かって一生懸命頑張っている全ての皆さんに届けば嬉しく思います」

   SNS上では、「学生たちを想って泣けた」、「誰かのために曲を作ってくれるそんな依与吏さんはじめbacknumberのみんなが大好き」、「無闇に頑張れって言うんじゃなくて、何か寄り添ってくれる感じがするからback numberは好き」といった声が上がった。ツイッター上では、8月18日未明頃から「back number」がトレンド入りを果たした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中