2020年 9月 30日 (水)

「一日も早い回復」から「遠慮なく辞任」まで 安倍首相「体調問題」に多様性発揮する野党の皆さん

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   安倍晋三首相を「休ませなきゃならない」とする声があがる中で、安倍氏が2020年8月17日に東京・信濃町の慶応大病院に出向いたことで、永田町では安倍氏の健康不安をめぐる臆測が広がった。

   与党議員からは安倍氏の体調を心配する声があがる一方で、野党からは回復を願う声、説明責任を主張する声から辞任要求まで、バラエティーに富んだ声が飛び交っている。

  • 安倍晋三首相の態度をめぐり永田町では臆測が広がっている(写真は8月15日撮影)
    安倍晋三首相の態度をめぐり永田町では臆測が広がっている(写真は8月15日撮影)
  • 安倍晋三首相の態度をめぐり永田町では臆測が広がっている(写真は8月15日撮影)

「ポイントは『眼』」有田氏は見立て披露

   安倍氏の体調をめぐっては、側近として知られる自民党の甘利明税調会長が8月16日朝放送の報道番組「日曜報道 THE PRIME」で、

「強制的にですね、数日でいいです。休ませなきゃならない」

などと発言。安倍氏は翌17日午前に慶応病院入りし、約7時間半にわたって滞在した。この一連の流れに対して、野党議員はツイッターやブログで様々な解釈を披露した。背景を解説したのは立憲民主党の有田芳生参院議員。病院入りが報じられた直後に

「官邸関係者が『心配です』とコメントするはずがありませんから、『心配するような話ではない』に意味はありません。自民党内は憶測が飛び交って大騒ぎです。甘利さんが語っていたように『強制的』な入院です」。

   夕方には、

「明日からも健康の憶測が続きます。じつは、という情報が飛び交っています。ポイントは『眼』。総理の仕事は大変です」

などと見立てを披露した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中