2020年 10月 1日 (木)

BiSHが語った「見どころ」は...? 所属アーティスト総結集「SCHOOL OF WACK」一足先にレポ

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   「BiSH」「豆柴の大群」などが所属するWACKのアーティスト全41人がアイデアを出して会場を飾った「SCHOOL OF WACK」が2020年8月21日~8月31日に東京・渋谷PARCOのPARCO MUSEUM TOKYOで開催される。

   20日、開催に先立って行われた報道公開にBiSHが出席し、見どころを語った。

  • 「BiSH」のメンバー。左からアユニ・Dさん、リンリンさん、セントチヒロ・チッチさん、ハシヤスメ・アツコさん、アイナ・ジ・エンドさん、モモコグミカンパニーさん
    「BiSH」のメンバー。左からアユニ・Dさん、リンリンさん、セントチヒロ・チッチさん、ハシヤスメ・アツコさん、アイナ・ジ・エンドさん、モモコグミカンパニーさん
  • WACKメンバーが思い思いに落書きした「教室」。ここに登場するメンバーとガラス越しに対面も可能
    WACKメンバーが思い思いに落書きした「教室」。ここに登場するメンバーとガラス越しに対面も可能
  • WACKメンバーの私物が学校風にロッカーにあしらわれた展示
    WACKメンバーの私物が学校風にロッカーにあしらわれた展示
  • 「BiSH」のメンバー。左からアユニ・Dさん、リンリンさん、セントチヒロ・チッチさん、ハシヤスメ・アツコさん、アイナ・ジ・エンドさん、モモコグミカンパニーさん
  • WACKメンバーが思い思いに落書きした「教室」。ここに登場するメンバーとガラス越しに対面も可能
  • WACKメンバーの私物が学校風にロッカーにあしらわれた展示

メンバーも会場にランダムで登場

   「SCHOOL OF WACK」のコンセプトは「WACKの学校」で、展示エリアは「美術室」「パソコン室」「更衣室」「教室」「購買部」などに分かれている。それぞれのデザインにもWACKメンバーのアイデアが反映されていて、「更衣室」にはメンバーが実際に使ったライブ衣装がデザイン画とともに展示されている。「ニオイだったり形だったり、なんならシミまでBiSHを間近に感じられるスポットだと思うので、注目して見て欲しいと思います」とハシヤスメ・アツコさんがアピールしていた。

   落書きで彩られた「教室」だが、BiSHメンバーが「好き勝手に落書きして、唯一無二の荒れた教室になりました」(アユニ・Dさん)という。他のグループのメンバーも手形・足形をつけていったとのことで、誰がどんなメッセージや手形を残したのか想像してみても面白そうだ。この「教室」にはWACKメンバーが日替わりランダムで登場し、ゲーム実況などに興じる様子も会場からオンラインで配信されるのもファンにはみどころだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中