2020年 9月 25日 (金)

「こんな仲良しさんチームでは...」 矢野阪神「屈辱」3連続完封負けに高まる「虎党」の不満

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   プロ野球の阪神は2020年8月20日、東京ドームで巨人と対戦し0-2の完封負けを喫した。巨人先発・戸郷翔征投手(20)に7回途中まで3安打に抑え込まれ、後続も攻略できず。阪神の先発・青柳晃洋投手(26)は6回4安打1失点と好投したが、打線の援護に恵まれなかった。

   チームは3試合連続完封負けで、連続無得点イニングは「36」にまで伸び、首位・巨人との差は今シーズン最大の8.5ゲームに広がった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

7回には満塁のチャンス生かせず...

   1点が遠かった。2回1死から大山悠輔内野手(25)、梅野隆太郎捕手(29)の連続安打で1、2塁とし先制のチャンスを作った。8番・植田海内野手(24)のバットに期待がかかるも、147キロのストレートに押されサードのファウルフライに倒れた。続く青柳はキャッチャーのファウルフライで先制ならず。以降、7回まで阪神打線は三振の山を築き得点のチャンスすら作れなかった。

   阪神に再び得点の機会が訪れたのは7回。この日、来日して初の4番に入ったジェリー・サンズ外野手(32)が四球を選び出塁。1死後、大山がライト前ヒットを放ち1、3塁とチャンスを広げた。梅野が3ゴロに倒れ2死1、3塁の場面で代打・福留孝介外野手(43)が四球で出塁し2死満塁。1打逆転の場面で中谷将大外野手(27)は、高梨雄平投手(28)のスライダーについていけず見逃し三振。最大のチャンスを生かせなかった。

   深刻さを増す貧打の一方で先発陣はきっちりと試合を作っている。18日の初戦に先発した高橋遥人投手(24)7回2安打1失点、第2戦の先発オネルキ・ガルシア投手(31)6回7安打3失点。そしてこの日の先発・青柳は6回4安打1失点と、先発3投手はクオリティスタート(QS=6回以上、自責3点以内)を達成しており、先発を打線が見殺しにしている状況が続いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中