2020年 9月 21日 (月)

環境省「萌えキャラ」に効果はあったか 君野イマ・ミライ、1億2000万円PRの評価

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   環境省の「萌え」をテーマにしたキャラクターをめぐり、SNS上で賛否両論寄せられている。

   温室効果ガスの排出削減に向けた「COOL CHOICE(クールチョイス)」キャンペーン普及のために制作されたが、「何でも萌えればいいってもんじゃない」「私は結構好きです」と意見が分かれている。

   環境省によれば、約1億2000万をかけてPR展開をし、一定の手ごたえはあったという。

  • 環境省ツイッターより
    環境省ツイッターより
  • 環境省ツイッターより

国民からアイデア募集

   「COOL CHOICE」のイメージキャラクターとして、女子高生という設定の架空の人物「君野(きみの)イマ」「君野ミライ」が17年2月に公開された。

   節約やエコに興味のない「イマ」に、知的でしっかり者の「ミライ」が地球温暖化対策などを伝える――という筋書きだ。

   クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」でキャラクターのコンセプトとデザインを募り、それぞれ266件、135作品集まった。その後一般投票(総投票数2031票)を踏まえ、最終的に山本公一環境相(当時)が決定した。

   環境省が20年8月21日、ツイッターで「3DCG動画などで、2人と一緒にCOOL CHOICEについて楽しく学んでみよう!」などとキャラクターを改めて紹介すると1万7000以上リツイートされ、

「何でも萌えればいいってもんじゃないでしょう...」
「何でもかんでも、若い女性たちを漫画化したり動画にしたら『受ける』って思ってないよね?」
「政府にも『萌えキャラクター』が浸透したのは非常に良い」
「環境省の3D動画見たけど、普通に分かりやすかった。私は結構好きです」

などと是非をめぐり大きな議論を呼んだ。

   実はキャラクターの披露時にも同様の議論が起きており、環境省のツイートで再燃した形だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中