2020年 9月 25日 (金)

YouTubeを活用する芸人たちの「したたか」な計算 収益はもちろん、局への売り込みにも でも「バッド」だらけだと...

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   2020年8月23日に放送されたテレビ番組「ゴッドタン」(テレビ東京系)で、次々とYouTubeに参入するお笑い芸人をめぐる事情が紹介された。

   中でもTKOの木下隆行さんが受けた「バッド数」や、さらば青春の光・森田哲矢さんの動画収入が注目を集めている。

  • さらば青春の光のYouTubeチャンネル
    さらば青春の光のYouTubeチャンネル
  • さらば青春の光のYouTubeチャンネル

悪い評価が多すぎる芸人

   この日、新企画「YouTube芸人サミット」で紹介されたのは現在YouTubeチャンネルが好調な「かまいたち」「さらば青春の光」「ダイアン」「ニューヨーク」の4組。その他にも江頭2:50、宮迫博之さん、中田敦彦さんなどテレビよりもネットに力を入れている芸人が次々とリストアップされる中、スタジオの劇団ひとりさんが「(TKO)木下さん入ってなくないですか?」と指摘した。

   そんな鋭いツッコミに対し、MCを務めたかまいたちの山内健司さんは「木下さんは...チャンネル登録者数は少ないんですけども、バッド数だけとんでもない数です」と説明。木下さんが初めて投稿した動画には36万もの「悪い評価(バッド数)」が付いていることを明かしている。

「悪い例」として紹介された木下さんのYouTubeチャンネル
「悪い例」として紹介された木下さんのYouTubeチャンネル

   なおそのYouTubeチャンネル「木下プロダクション」の登録者数は25日時点で約1万5500人。山内さん曰く「YouTubeの中でもバッド数と登録者数が割に合ってない」とのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中