2021年 3月 1日 (月)

線路の石にレール、犬釘まで... 「売れるものは何でも売ってお金に」銚子電鉄、破天荒通販の陰の「願い」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   過去に「ぬれ煎餅」や「まずい棒」などのヒット商品で話題を呼んだ銚子電気鉄道(千葉県銚子市、以下:銚子電鉄)が、再び注目を集めている。

   銚子電鉄のYouTubeチャンネルでは社長が「売れるものは何でも売ってお金に変える」と語り、公式オンラインショップでは「線路の石」「カットレール」などの商品を販売。経営状況の深刻さが如実に伝わるとして、ツイッター上では商品を買って同社を救おうという声が広がった。

  • 銚子電鉄公式ショップの商品展開が話題(画像は銚子電鉄公式ショップより)
    銚子電鉄公式ショップの商品展開が話題(画像は銚子電鉄公式ショップより)
  • 銚子電鉄公式ショップの商品展開が話題(画像は銚子電鉄公式ショップより)

「年度末にはおそらく経営破綻であろう」

   銚子電鉄は銚子駅〜外川駅の6.4キロメートルを結ぶローカル線・銚子電鉄線を抱える。会社が経営危機に陥った2006年には「ぬれ煎餅」がヒット。18年には経営状況の「まずさ」にかけて発売したお菓子「まずい棒」が話題を呼ぶなど、食料品販売でも注目を集めてきた。

   そんな中、銚子電鉄は公式YouTubeチャンネル「激辛(つら)チャンネル」を7月22日に始動させた。第1回の動画では同社の竹本勝紀社長が登場し、「銚子電鉄はなんといってもお金がない会社でございます」と訴えるとともに、「このままの状況が続くと年度末にはおそらく経営破綻であろう」と具体的な「期限」を示すほど、経営が危機的な状況にあることを伝えた。

「なんとかして状況を打開すべく、売れるものは何でも売ってお金に変える。それが当社のモットーでございます」

   社長のこんな言葉とともに、紹介された商品が「線路の石」だった。その名の通り、銚子電鉄の線路に敷かれていた石が缶詰の中に入っているというもので、「重し」や「インテリア」として使えるとした。

「窮状」伝えるツイートが拡散、ショップにも反響

   「石」は銚子電鉄の公式オンラインショップで売られているが、ショップには他にもインパクトのある商品が並んでいる。例えば「カットレール」は銚子電鉄で使われていたレールをその名の通り「カット」した商品。石と同様、一見すると用途がわからないが、商品説明には「文鎮としてもご利用いただけます」と書かれている。

   また、レールを枕木に固定するのに使う「犬釘」を加工して作った栓抜きや、銚子電鉄全10駅全90区間の切符をコンプリートした「銚子電鉄全駅全区間乗車券」といった商品もある。

   ツイッター上では、こうした銚子電鉄のYouTube動画や商品のラインアップに着目したユーザーが、8月23日に「(銚子電鉄を)助けてあげて」と呼びかけ。ツイートは3万リツイート以上拡散されるなど、大きな反響があった。銚子電鉄の窮状を知ったユーザーからは、

「みんなで買ってあげようよ」
「ささやかながら注文させていただきました」

   などのコメントが寄せられた。

   J-CASTニュースが8月25日に銚子電鉄の広報担当者に取材すると、このツイートをきっかけにオンラインショップで大きな反響があったという。

   「カットレール」や「犬釘の栓抜き」はツイートの拡散を受けて一時品薄状態となっていたが、すぐに在庫が補充された。担当者によれば、カットレールや犬釘はいずれも廃材を利用して作っているといい、特にカットレールについては「レールをカットすればいくらでも作れます」と在庫には余裕があるとした。

「ローカル鉄道を取り巻く環境は...」

   銚子電鉄の広報担当者によれば、銚子電鉄線の乗客のうち8割ほどを占める観光利用客の数は、コロナ禍の外出自粛によって減少。例年走らせていたイベント列車の運行もできない状況になった。前述の食料品も、商品を卸している店舗で売り上げが落ち込むなど、コロナ禍の影響を受けた。

   そうした中でも、銚子電鉄はYouTubeチャンネルを通じた情報発信や斬新な商品開発を行うなどアクションを続けた。また、8月28日にはクラウドファンディングで500万円を調達し、製作した映画『電車を止めるな!~呪いの6.4km~』の公開が始まる。8月25日時点では都内の会場などで上映が決定しているが、今後も上映会場を募集する。

   こうした銚子電鉄の取り組みを取り上げるメディアは少なくない。担当者は取り組みが話題になることを感謝しつつも、「うちに限らず、ローカル鉄道を取り巻く環境はどこもかしこも厳しいと思う」と同業他社への思いを寄せる。その上で「コロナが落ち着いたら、地方ローカル線に乗って『小さな旅』を満喫していただけたらと願っています」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中