2021年 5月 7日 (金)

小倉優香「降板」で光った、柏木由紀の「処世術」 定番のあいさつを...

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「ネットニュースの記者の方とかも聞いてると...」

   8月27日の放送でも、ケンコバさんと田中さんは慣例どおり「肛門」をからめてあいさつ。そんな中で柏木さんが口にしたのが「とってもおいしいビスケットを見付けました!AKB48の柏木由紀です」。ケンコバさんが「今日はいろんな人が聞いてるかもしれないからって...、本当にアイドルか!」と突っ込むと、柏木さんはあくまで

「とってもおいしいビスケットを見付けたって報告したいな~!って思って」

と応じていた。

   ケンコバさんは、「処世術」に触れた直後に

「おそらく、放送でこういうこと(小倉さんの降板に関する言及)があるだろうと、ネットニュースの記者の方とかも聞いてると思います」

とも話している。これに柏木由紀さんが

「いっぱい聞いてる。今日は絶対聞いてる」

と反応すると、ケンコバさんは柏木由紀さんの胸の内を代弁してみせた。

「今日は絶対聞いていると思って、『何かないか、何かないか』と思って、『ビスケットあるやん』!」

   田中さんは「ずるいよ。こっちは相変わらず肛門あいさつして...」と突っ込むも、柏木さんは「何も言ってもいい決まりですよね?オープニングは」と反論していた。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中