2020年 9月 25日 (金)

菅田将暉「トイレ」で危うく「損害賠償」モノの大騒ぎ

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   俳優の菅田将暉さんが2020年8月26日、テレビ番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演し、危うく「損害賠償モノ」だったかもしれない事件を起こした過去を振り返った。

  • 菅田将暉さん。軽い気持ちでしたことが騒動に
    菅田将暉さん。軽い気持ちでしたことが騒動に
  • 菅田将暉さん。軽い気持ちでしたことが騒動に

詰まってからも構わず使っていたら...

   少し前に人間ドッグを受ける為、検尿カップを使用する機会があったという菅田さん。その日の朝は寝ぼけていたこともあり、ついカップをトイレに流してしまったんだそう。病院から帰宅した彼を待ち構えていたのはもちろん詰まったトイレなのだが、当初は「流していたらどうにかなるかな」と思い、特に気にしていなかったことを振り返った。

   しかし、バリウムと下剤を飲んでいた彼は、「出す」ためにトイレに籠るも、どうも綺麗に流れない。それでも「大丈夫だろう」精神で流し続けていたのが仇となり、後日業者を呼ぶハメになってしまう。便器を外す大掛かりな点検を行った結果、検尿カップは思いのほか奥の方に流れついていたというのだ

   困惑する菅田さんに対し、業者は「マンションの排水は同じ階の全ての部屋と繋がっているため、もし管の合流場所まで行っている場合、マンション中の水が止まる」可能性があると説明。それを取り出すとなると大工事が必要で、下手をすれば損害賠償を請求されるかもしれない。

   結果、ギリギリの所で留まっていたため事なきを得たが、カップを取り出すにもまた一苦労だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中