2020年 10月 26日 (月)

巨人ドラフト戦略で「情報の出し方に警戒」 補強最優先は野手か投手か...他球団の反応は

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

「他球団との駆け引きがあるはず」

   補強最優先は野手か投手か。いずれにしてもドラフト1位は高卒ではなく即戦力として期待できる大学、社会人の可能性が高いとみられるが、関西メディアの関係者は巨人のドラフト戦略について次のように言及した。

「具体的な名前こそ出しませんでしたが、巨人が即戦力野手の方針を公表した裏には他球団との駆け引きがあるはず。佐藤選手は複数の球団が注目している選手ですからドラフトでは競合になる可能性が高い。この時期に巨人が明かした方針を真に受けている球団は少ないと思います。むしろ巨人の情報の出し方に警戒を強めている」

   ペナントレースが中盤戦に差し掛かり、巨人は2位DeNAに5.5ゲーム差をつけて首位を快走している。このまま巨人独走の気配が漂う中、今秋に予定されるドラフト会議へ向けて各球団の動きが活発化していく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック