2020年 9月 19日 (土)

長友佑都「控え」でマルセイユ移籍報道も... 「結局スタメン奪いそう」「レギュラー取れると思う」

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   サッカー日本代表DF長友佑都(33)が、フランス1部の強豪マルセイユへ移籍する見通しであることが2020年8月31日に報じられた。トルコ1部ガラタサライを退団し所属先を探していた中で、欧州5大リーグの上位クラブへの移籍報道はファンを驚かせた。

   報道によると、長友は「控え」で獲得する見込みとされており、出場機会は限られてくる可能性がある。だがインターネット上では、これまでの長友の経歴から、ポジション奪い返しに期待も集まる。

  • 長友佑都(2018年7月撮影)
    長友佑都(2018年7月撮影)
  • 長友佑都(2018年7月撮影)

「もう一花咲かせてほしいな」

   長友は6月末をもって、約2年半在籍したガラタサライとの契約が満了。移籍先としてこれまでUAE(アラブ首長国連邦)や、古巣のFC東京などがあがっていたが、再び欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランス)、それも今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得ているマルセイユへの移籍報道は驚きをもって伝わった。

   仏メディア「レキップ」や「テレフット」によると、マルセイユは経験豊富な選手を求めて長友に白羽の矢を立てた。すでに現地入りしており、31日にもメディカルチェックを受ける予定という。ただ、主力というよりも、同じ左サイドバックのDFジョルダン・アマヴィ(26)の「控え」として想定しているといい、チームに安定性をもたらすだろうと報じている。

   マルセイユは日本代表DF酒井宏樹(30)が所属5季目を迎える。2人の共演の可能性も注目されるが、ツイッター上のファンの期待は長友のレギュラー奪取に集まる。

「マルセイユ長友はインテル長友に次ぐインパクトがあるな。それにしてもこのフェニックスぶりよ...ビラボア(編注:アンドレ・ビラス・ボアス監督)は控えとして考えてるみたいだが、長友ならスタメン奪取してくれると信じてる!」
「控えのDFなんだろうけど、右も左もできるのを売りにしてたこともあるし、もう一花咲かせてほしいな」
「長友は結局アマビからスタメン奪いそうだよな。。。」
「長友ならアマヴィの控えなんかじゃなくレギュラー取れると思うぞ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中