2021年 3月 2日 (火)

しまむらに吹く「追い風」とは コロナ禍のなか証券会社の注目点

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

株価の高値警戒感も

   8月27日付リポートで6800円から8300円に引き上げたSMBC日興証券は「郊外立地への追い風」を挙げた。もともと出店費用が安い郊外のロードサイドに店舗が多いしまむら。「不便な店へ行ってでも買いたい商品」をそろえている強みがあるところへ、コロナ禍によって郊外の昼間人口が増え、郊外に住む人が郊外で買い物をするようになった、ということなのだろう。SMBC日興証券はまた、過剰在庫が減り在庫鮮度が上昇する「在庫調達抑制」に取り組んでいることが、足元の収益を伸ばしていると指摘した。

   ただ、SMBC日興証券は「短期回復の強さは評価」しながらも「長期回復に向かうか確信はまだ持てない」としている。株価の方も回復が急テンポだっただけに高値警戒感も強く、このまま上昇基調を続けるかどうかは見方が分かれそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中