2020年 9月 30日 (水)

無人けん制、マクガフだけが悪いのか 阪神OB「キャッチャーが確認してたかな?」

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   プロ野球・東京ヤクルトスワローズのリリーフ右腕、スコット・マクガフが2020年9月3日の試合で見せた、一塁への「無人けん制」が物議を醸している。

   ツイッター上では、マクガフのプレーに対して「なぜ1塁へ」「どうしたのよ、マクガフさん」と疑問の声が出た一方で、阪神OBの高橋聡文さんはプレーの責任がキャッチャーにもある可能性を指摘した。

  • マクガフの「無人牽制」に阪神OBが持論
    マクガフの「無人牽制」に阪神OBが持論
  • マクガフの「無人牽制」に阪神OBが持論

ミスを気遣う声も

   「まさか」のシーンが見られたのは、9月3日に甲子園球場で行われたヤクルト対阪神の試合だ。ヤクルト1点リードで迎えた7回裏、阪神が2アウト二、三塁のチャンスを作った場面。マクガフはバッター・近本光司に対する3球目を投げ終えた後、なぜかランナーがいない一塁へとけん制してしまった。

   突然の送球に一塁手の坂口智隆も捕球できず、ボールがファウルゾーンを転がる中、ランナー2人が本塁に還り阪神が勝ち越した。阪神ファンが押し寄せた球場は歓声とどよめきに包まれ、ヤクルト・高津臣吾監督は呆然とグラウンドを見つめていた。阪神はこのリードを守りきり、4対3で勝利した。

   記録では、ランナーがいない塁に牽制したことによる「ボーク」による進塁、さらに悪送球による進塁が認められた。マクガフは降板後、ベンチで斎藤隆投手コーチと話し合う姿が見られた。

   マクガフのプレーに対し、ツイッター上では「なぜ1塁へ」「どうしたのよ、マクガフさん」と疑問の声が聞かれた一方で、「マクガフ可哀想になってしまった」「気持ち切り替えて頑張ってほしい」と気遣う声もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中