2020年 9月 30日 (水)

好きなものを「好き」と言えて、認められる... 「おじさんはカワイイものがお好き。」のメッセージ性に反響

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   俳優の眞島秀和さん(43)が主演を務めるドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」(日本テレビ系)の第5話・最終回が、2020年9月10日深夜に放送された。ほのぼの大団円を迎えたその裏に、「現代社会へのメッセージ」があると捉える声が広がっている。

  • 番組公式サイトより。「ほのぼの」に込められたメッセージが話題
    番組公式サイトより。「ほのぼの」に込められたメッセージが話題
  • 番組公式インスタグラムより
    番組公式インスタグラムより
  • 番組公式サイトより。「ほのぼの」に込められたメッセージが話題
  • 番組公式インスタグラムより

自分の「好き」の大切さはわかっていても...

   本ドラマは、ウェブマンガサイト「COMICポラリス」(フレックスコミックス)で連載中の同名マンガが原作。才色兼備の「イケオジ」ことサラリーマン・小路三貴(眞島さん)は、黄色い犬のキャラクター「パグ太郎」のことが大好き。誰にも言えない秘密を抱えて生きることの葛藤を描く、「おじカワ」コメディだ。

   この作品の主要人物は、同じかわいいもの好きという共通点を持つ「中目黒系男子」・ケンタ(今井翼さん=38)と、小路の同僚で無類の猫好き・鳴戸(桐山漣さん=35)、少女漫画家を夢見る小路の甥・真純(藤原大祐さん=16)、そして小路の4名。それぞれ自分と自分の「推し」とのギャップがありすぎることを理由に、誰にも言わずただ一人推しを愛でる日々を送っていたが、小路とケンタ、鳴戸と真純の出会いによって物語は動き出した。

   エピソードを通して、「推しを好きであるという気持ちの尊さ」や「他人の好きを否定しない」ことなどを訴えてきた同ドラマ。そこには一貫して「多様性を認めていこう」という主題があるのでは? とネット上で話題になってきた。

   思い返せば、最初に他人の「好き」を打ち明けられた際、鳴戸は小路が「パグ太郎」好きであることを揶揄(やゆ)していたし、小路は真純に「漫画家は不安定な職業だ」と反対する。つまり、自分の好きの大切さはわかっていても、他人のそれはわかっていなかったのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中