2020年 9月 24日 (木)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
共和党支持者が語る「民主党を見限る」理由

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
「ジョン・F・ケネディが今、生きてたら、共和党員になってるよ」

   ニューヨーク・ブルックリンで行われた「社会主義」を唱えるデモ行進を聞きつけ、赤の他人の地元住民3人が立ち話。そのことについては、この連載の前回「コロナが生み出す『社会主義』デモ」と、前々回「社会主義デモに反発、勝利誓う共和党支持者」で触れた。

   立ち話をしていた3人のうちの1人エリオット・ゴードンが、「今の民主党への思い」を私に語った。今回は、それをそのまま、伝える。

  • 民主党について語るエリオット・ゴードン氏(2020年8月、筆者撮影)
    民主党について語るエリオット・ゴードン氏(2020年8月、筆者撮影)
  • 民主党について語るエリオット・ゴードン氏(2020年8月、筆者撮影)

「今のは、同じ民主党じゃない」

「かつての民主党には、何の反感も持ってないよ( I got nothing against the Democratic Party the way it used to be)。ビル・クリントンの時にはまだ、抵抗はなかった。が、今のは、同じ民主党じゃない」

   エリオットはニューヨーク市で生まれ、ルドルフ・ジュリアーニ氏が市長(1994年1月ー2001年12月)だった時に、彼の元で働いたことがあるという。彼は民主党がどのように変わったと感じているのか。

「民主党は、左翼にハイジャックされてしまった。今が1960年代だったら、トランプは民主党だよ。ジョン・F・ケネディが生きていたら、共和党だ。デ・ブラジオ(ニューヨーク市長)もクオモ(ニューヨーク知事)もAOC(アレクサンドリア・オカシオ=コルテス)も、どうにかしている」

   エリオットが最後に挙げたオカシオ=コルテス氏は、史上最年少で女性下院議員になった(ニューヨーク州選出)。ブロンクスで生まれ、母親はプエルトリコ出身。父親亡き後、ウェイトレスなどをしながら、家計を支えた。

   彼女は自身を民主社会主義者(Democratic Socialist、社会主義と民主主義を支持し、資本主義とは相反する)であるとし、国民皆医療保険、公立大学の学費無償化、米移民・関税執行局の廃止などを訴えている。

「自分の手で稼ぐのではなく、ほしいものはタダにしろという。そのために使われるのは、自分たちの税金だ」
「オバマも好きというわけじゃなかったが、バイデンや(民主党副大統領候補の)カマラ・ハリス、オカシオ=コルテスと比べたら、オバマは中道だ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中