2020年 9月 29日 (火)

JR西「終電繰り上げ」→最終列車はいつに? 焦る必要はない、と筆者が考える理由

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   2020年8月26日、JR西日本は記者会見で近畿エリアの主要線区を対象に終電繰り上げの実施を発表した。予定では2021年春に実施するという。社会情勢の変化により最終列車を利用する機会は減ったかもしれないが、近畿エリアの人々にとって気になるニュースだと思う。JR西日本の終電繰り上げはどれくらいインパクトがあるのだろうか。

  • 大阪、京都、神戸を結ぶ「新快速」
    大阪、京都、神戸を結ぶ「新快速」
  • 東京からの最終新幹線がポイント
    東京からの最終新幹線がポイント
  • 大阪、京都、神戸を結ぶ「新快速」
  • 東京からの最終新幹線がポイント

10分~30分程度、終電繰り上げ

   8月26日、JR西日本は近畿エリアを走る在来線の主要線区を対象に終電繰り上げの実施を発表した。終電繰り上げに伴い、約50本もの列車が削減される。実施時期は2021年春としている。なお東京方面からの東海道新幹線の最終列車とは可能な限り、接続を考慮するという。

   今回の終電繰り上げは昨今の社会情勢の変化と関連性があるように見えるが、実は新型コロナウイルス以前から検討されてきた。背景にあるのは保守作業に関する環境変化であり、働き手が減少する中で、労働環境を改善する必要性に迫られていた。また近年、帰宅時間が早まり、深夜時間帯における利用客が減少していた点も見逃せない。

   問題は「最終列車がいつになるか」ということだ。発表では10~30分程度とされ、具体的な時間はまだわかっていない。ただヒントは東京方面からの東海道新幹線の最終列車にある。2020年9月現在、東京方面からの最終新幹線の新大阪着は23時45分だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中