2021年 3月 4日 (木)

乃木坂・高山一実「帯レギュラー欲しい」 ハードルは自他共に認める「滑舌」?それとも...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

司会経験+αがほしい?

   それでも高山さんは現在、クイズ番組「Qさま!!」(テレビ朝日系)で優香さんの代理ではあるが20年4月からさまぁ〜ずの2人とともにMCを務めている。また「オールスター後夜祭」(TBS系)でも有吉弘行さんとともに総合司会を務めており、トークや進行の経験を積んでいるはずなのだが、その場で台詞を覚えて演技する指示を受けた「乃木中」のように、どうやらアドリブを振られると弱いようだ。「一発勝負ですからね、緊張しますよね」と設楽さんもコメントしていた。

   また「Qさま!!」にせよ「オールスター後夜祭」にせよ、複数の司会で進行する。「Qさま!!」に至ってはクイズを実況する清水俊輔アナの存在感も大きく、「さまぁ~ずはいらない」などという辛辣な感想がネット上に見られたことも。例えばかつての「笑っていいとも」のようなレギュラーでの番組出演者として活躍するには、大勢の出演者で回す番組での司会とは違うハードルがありそうだ。

   「帯のレギュラー番組が欲しい」とは本当に高山さんが言っていたわけではないが、既に持っているレギュラー番組ではそつなくトークもできているのだから、今回の「乃木中」のようにいきなりアドリブを振られても対応できるような胆力さえつけられれば、滑舌もさらに克服して、本当に帯番組で仕事をつかめるまで幅を広げられそうである。

(J-CASTニュース編集部 大宮高史)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中