2020年 10月 29日 (木)

半沢直樹「全話無料」の衝撃 見逃し配信の先にあるもの【ネットメディア時評】

ルイボスブレンドだからノンカフェイン。就寝前のリラックスタイムにおすすめ。

   TBS日曜劇場「半沢直樹」が変えようとしているのは、旧態依然とした銀行だけではない。動画配信サービスの使い方もまた、そのひとつだ。

   最終回直前となる第9話の放送終了後から、TVer(ティーバー、無料)とParavi(パラビ、原則有料)での「見逃し配信」が始まった。なぜ、このタイミングで----。

  • 「お茶の間にテレビ」の時代が変わる?
    「お茶の間にテレビ」の時代が変わる?
  • 「お茶の間にテレビ」の時代が変わる?

なぜ、Paraviだけじゃダメなのか

   「半沢直樹」は、池井戸潤さんの小説を元にした経済ドラマ。堺雅人さん演じる主人公が、縦社会の銀行組織から膿を出すべく、もがきながらも奔走する物語だ。第1シリーズ(2013年放送)の続編として、20年7月から第2シリーズが放送されている(新型コロナウイルスの影響で、当初予定の4月スタートから後ろ倒しされた)。

   このタイミングで、前作のParavi配信が始まったが、今作については、本編ではなく、10分前後にまとめられた「ダイジェスト&次回予告」に限られていた。東スポWeb(東京スポーツ、7月21日配信記事)は、その理由を「TBS宣伝部に聞いてみると『制作と編成の判断です』と答えるのみだった。なお『現段階で見逃し配信の予定はない』とのこと」と伝えていたが、最終話を残すのみとなった9月20日、これまでの1〜9話が27日20時59分までの期間限定ながら、TVerで無料配信された。

   ネット配信で地上波の番組を盛り立てる試みは、これまでもあった。日本テレビ傘下のHulu(フールー)では、同局ドラマのスピンオフ作品を流すほか、7月に単発放送された「リモートで殺される」のように、本編の結末をHulu限定配信とするケースもある。TBSでも「新しい王様」(19年)を、前半は地上波、後半はParavi独占配信(後に地上波でも放送)とする「続きはネットで」パターンをとる事例があった。

   サービスへの加入者増をねらうなら、「半沢直樹」配信も課金制のParaviだけで十分だ。最終回直前、いわば一番「高く売れる」タイミングなのに、あえてTVerでの無料配信も選んだところに、ポイントがあるだろう。第9話の平均世帯視聴率は24.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と報じられている。出遅れた視聴者に「復習」してもらい、リアルタイムでの視聴者を増やすことで、前シリーズの最終回42.2%(同、13年9月22日)に近づけたいとの思いがあるのではないか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中