2020年 10月 29日 (木)

「#ドリトスわさび」ブラジル発のシュールCMが話題に 特撮、アニメなど日本文化を「リスペクト」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ブラジルで製作・放映されたスナック菓子「ドリトス ワサビ」のCMがシュールだと話題を呼んでいる。

  • CM動画より。ゆるキャラをイメージ?
    CM動画より。ゆるキャラをイメージ?
  • CM動画より。ゆるキャラをイメージ?

特撮からアニメ、猫、ゆるキャラ...

   2020年9月19日、スナック菓子「ドリトス」ブラジル版の公式YouTubeに新フレーバーの「わさび」をアピールするためのCM動画がアップロードされた。ブラジルを中心に放映されるCMにもかかわらず、全編日本語で製作されている。動画の説明文も「ドリトスわさび味、新登場。緑でサックサク、わさびです。」と日本語のみで書かれ、ブラジルを中心に海外でも注目を集めている。

   動画では2タイプが存在し、ひとつは往年の日本特撮作品のオープニングを彷彿とさせる宇宙の映像に、緑色のスナック菓子のパッケージが現れ「ドリトス 山葵」との文字が大きく映し出される。続いて街に大きなタコのような怪獣が襲来し、ミニチュアの街で暴れまくるが、黒髪の女性が刺激の強いワサビ味のドリトスを食べパワーアップし(この描写にはアニメも使われている)、応戦するというもの。日本の怪獣映画やアニメをイメージしたようで、どこか懐かしい印象だ。

動画より。ミニチュア特撮を再現
動画より。ミニチュア特撮を再現

   もう一方はドット絵で表現された舞台の上で緑色の巨大なドリトスのゆるキャラ風着ぐるみが3体歌い踊るゲーム調のCMで、着ぐるみの脇には「ドリトス」と書かれた木札が配置されている。ダンスの後、突然チップスの中心に男性の顔がはめ込まれたキャラクターが現れ、「緑でーす」とのナレーションが入るとドリトスを食べる女性の指に顔が浮き出るというシュールな展開に。さらにアニメや猫、漫画といったジャパニーズカルチャーを総ざらいするような流れになっている。

   両者をまとめた1分版の動画はYouTubeで28日夕までに約130万回、15秒版は約620万回それぞれ再生されている。

ツイッターでは「絵文字」も

   日本でも「シュールすぎて何が何だか......」「こういうCMあったよね、とは思うんだけど何だろう」「シュール系の笑いってブラジルにもあるのかな?」など、多くの人が不思議な動画を楽しんでいる様子だ。また「山葵」「美味しい」などしっかりと漢字表記を使った演出に、「日本人でも『山葵』って読めない人多いと思う」との投稿も見られた。

   日本でも広く愛されているスナック菓子だけに、「ワサビ味食べてみたい!日本でも売られますように」と新フレーバーの登場を期待する声もあがっている。

シュールな味わい
シュールな味わい

   販売元のペプシコ・ブラジルによると、わさびの「大胆」な味わいを表現すべく、その原産国である日本へのリスペクトを込めてCMを製作したという。

   なお、現在ツイッターでは「#DoritosWasabi #ドリトスわさび」とツイートすることでワサビ味をイメージした緑色のドリトスを箸で掴んだ特別なキャンペーン絵文字が表示される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中