2020年 12月 1日 (火)

M-1グランプリに「猿」が出場 人間たち破り2回戦へ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   シダックスカルチャーホールA(東京都)で行われたM-1グランプリ2020の予選に人間と猿のコンビ「ともきりき」が出場し、1回戦を通過した。

  • 画像は日光さる軍団の公式サイトから
    画像は日光さる軍団の公式サイトから
  • 画像は日光さる軍団の公式サイトから

猿が「ボケ」担当

   日本一の若手漫才師を決める大会の予選。2020年9月30日、マイクスタンドの前に「どうもよろしくお願いします」と現れたともきさんの相方は、猿の「りき」さんだ。

   漫才のテーマはヨガ。りきさんは度々ともきさんの肩を叩き、耳打ちしながら内緒話のような動作をする。ともきさんはそのコソコソ話を聞き、「ん?そんなありきたりな漫才で大丈夫か?うるさいな、いいでしょ!」「なに?お前の相方は猿なんだからそこを生かして全面的にやっていけよ?...すごくない?」とりきさんの「ボケ」を通訳し、ツッコミを入れていく。

   また、「1回ヨガをやってみて」といわれると、座り出したりきさんがヨガとは違う動きをするというボケを披露するなど、人間同士で行っているかのように漫才が進行していく。

   M-1公式サイトのコンビ情報によると、ともきりきは2012年に結成し、所属はタイタンとのこと。ともきさんとりきさんの両方にプロフィールが存在し、どちらも「男性」とされている。そんなともきりきは、猿まわし団体「日光さる軍団」の太郎次郎一門で活動している猿まわしコンビだ。「日光さる軍団」公式サイトの自己紹介では「人の顔を蹴るのが得意なりきちゃん猿に顔を蹴られるのが得意なともきのコンビです!」としている。

過去にも「別の猿」が出場

   ところで、 M-1ではこれまで他に動物が出場したことはあるのだろうか。J-CASTニュースが10月7日にM-1グランプリ事務局に「把握している限りで、人間以外が出場したことはあるか」と取材したところ、担当者は「ゆりありく」を挙げた。

   ゆりありくもまた日光さる軍団に所属している猿まわしコンビで、2009年の予選で2回戦まで進出した。担当者は「ゆりありくに憧れて、ともきさんも『どうしても日光さる軍団で猿まわしやりたい』ってなって始めたみたいですね」と話した。

   1回戦を2位で通過したことで、ともきりきも2回戦に進出する。ツイッターではファンから「決勝までいけるように頑張ってください」と声援が送られている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中