2020年 10月 30日 (金)

菅首相への「教養のレベル露見」発言で注目 静岡県の川勝知事が会見で語ったこと

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本学術会議の任命拒否問題をめぐり、静岡県の川勝平太知事が菅義偉首相について「教養のレベルが露見した」などと発言した。

   川勝知事の発言に対し、ツイッター上では「よく言った、川勝知事。その通り」といった賛同が出る一方、「すごい上から目線」と反発の声もあがっている。知事は就任以前、早稲田大学政治経済学部の教授や静岡文化芸術大学の学長を勤めていた。

  • 画像は静岡県公式サイトの県知事プロフィールから
    画像は静岡県公式サイトの県知事プロフィールから
  • 画像は静岡県公式サイトの県知事プロフィールから

「言い換えますと、学問をされたという人じゃないですね」

   発言が出た2020年10月7日の定例記者会見では、リニア工事をめぐる国土交通省による有識者会議が話に上がった。その流れで、記者から「学問や科学・技術に独立性がないと、リニアに関する国交省の有識者会議も成立しないような話になると思うが、そういう中で、政府・与党が日本学術会議から6人を恣意的に外したのではないかと言われている件について、学問の世界にも長くいらっしゃった知事がどのようなお考えをされていらっしゃるか」という質問が出た。川勝知事は、

「菅義偉という人物の教養のレベルが図らずも露見したということでないかと思います。菅義偉さんは秋田に生まれて小学校中学校高校出られて、そして東京に行ってですね、働いてて勉強せんといかんということで大学に通われて学位を取られたということですね」
「その後政治の道に入っていかれて、しかも時間を無駄にしない、なるべく有権者の人たちとお目にかかってられると。言い換えますと、学問をされたという人じゃないですね。単位を取るために大学出られたんじゃないかと思います」

と論評した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中