2020年 11月 25日 (水)

「一つの中国」騒動のVTuberが活動復帰も... 続く誹謗中傷に運営企業「到底許容できるものではない」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   配信内での発言をめぐり活動を休止していた女性バーチャルユーチューバー(VTuber)グループ「ホロライブ」所属の赤井はあとさんと桐生ココさんは、2020年10月19日から活動を再開した。

   活動再開にあたり、ホロライブを運営するカバー(東京都)は2人に対する「悪質な嫌がらせ」「誹謗中傷」が見られていることについて「到底許容できるものではない」と抗議。対象の誹謗中傷は、法的処置として弁護士に報告・提出済みだとした。

  • 「一つの中国」騒動のVTuberが活動再開(画像はカバー公式サイトのプロフィールより)
    「一つの中国」騒動のVTuberが活動再開(画像はカバー公式サイトのプロフィールより)
  • 「一つの中国」騒動のVTuberが活動再開(画像はカバー公式サイトのプロフィールより)

3週間の自粛期間を経て...

   赤井さんと桐生さんは9月24日~25日にかけて、それぞれのYouTube配信でチャンネルのアナリティクスを参照に情報を開示。赤井さん、桐生さんは視聴者が多い海外の「国」を読み上げたが、その中にはいずれも「台湾」の名が含まれていた。これに中国在住のファンなどが、2人が台湾を独立した国とみなしたとして反発していた。

   カバーは2人について、「機密情報である統計データの開示と2次利用」を問題視するとともに、「一部地域に在住の方に対する配慮に欠けた発言があったことを確認」したとし、9月27日から3週間の自粛を発表した。

   一方、同日には動画の配信が行われていた中国の動画サイト「bilibili (ビリビリ/哔哩哔哩)」で、カバーが「一つの中国」を支持するような声明を中国語で掲載。この声明には批判の声もあがったが、カバーはタレントや社員らの安全を守るための「緊急措置」だったと、後日公式サイトで説明している。

   3週間の自粛を経て、カバーは10月19日から赤井さん、桐生さんが復帰することを18日に公式ツイッターで発表。2人の処分理由について、「炎上による過度な誹謗中傷や殺害予告が発生していたことも踏まえて、タレント保護の必要性を加味したうえで実施いたしました」と説明した。

   ただ、18日時点でも桐生さんをはじめとする、所属タレントへの「根拠のない点での悪質な嫌がらせ」や「誹謗中傷」が散見されていると報告。こうした行為は「到底許容できるものではない」とし、「対象の誹謗中傷については、法的処置として弁護士に報告・提出済みです」と対応を伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中